令和2年の海の公園を占う



今日3月11日、早朝6時前に空を見ると真ん丸のお月さんが、夜明けの空に。
そうなんです。春の満月と新月は潮が引くんです。というわけで海の公園に潮干狩りに出かけました。


シーサイドラインの八景島駅から海の公園を眺めると、海に入ってやっている人が沢山います。

学校が休みのせいか子供が多いぞ


新型コロナの流行騒ぎで学校が休みのため子供が結構沢山います。学校は休みですが、他の場所も休みが多くどこにも行けない場合は潮干狩りという事かもしれません。天気予報も20度で春並みと言っていたし。

海の公園の北半分はアサリ消滅

アサリの繁殖状況ですが、海の公園の北側半分(管理棟側、柴口駐車場側)はアサリ壊滅です。一日頑張って数個見つけられればラッキー。本当です。


アサリがいるのは南側半分(バーベキュー場側)で、常連は全員こちらに固まっています。おじさんだと嫌がらずに近くに寄って行って掘ってください。
ちょっと聞けば親切に色々教えてくれると思いますよ。特に若い女性には。


南側も寄りすぎるとウィンドサーフィン用のコースに砂が盛ってあって浅くなりアサリは少なくなります。どちらかというとマテガイの多いゾーンに入ります。

海岸のセンターから南へ4分の3位がアサリが獲りやすいと思います。分かりにくければ、常連おじさんを目安に。

アサリは寒いうちは砂の下深く潜っています。砂の上だけ探って居ないと移動する人が多いですが、もう2掘り3掘り、下まで掘ってみてください。特に大物は深いです。
深く掘るのが嫌な人は5月過ぎから掘ってね。


冬の間我慢していた掘削力が余りすぎて、獲りすぎました。獲っているときはまだまだと思うんですが、帰って計ってみると3Kgありました。条例違反の完全オーバーです。
美味しく食べて反省する事にします。
持って帰るときにちょっと重いなとは気が付いてましたが、わざわざ海に返しには戻れないよね。
それとこの時期のアサリは、まだ身がやせ気味で、膨大な砂を吐きます。砂抜きはしっかりと。


横浜シーサイドラインはJR根岸線の新杉田駅から京浜急行金沢八景駅までの全14駅を結んでいます。
海の公園には八景島、海の公園柴口、海の公園南口の3つの駅があります。