ウンピョウ Clouded Leopard


ウンピョウはネパールや中国南部の標高の高い山に住んでいます。ウンピョウという名前は雲のヒョウという意味で、雲に似た体の模様から付けられました。ちょっと大き目のネコといった感じで、ウンピョウに似た模様の飼いネコもいた記憶があります。警戒心が強くて、動きが少し神経質な印象を受けますが野性動物ですので当然でしょう。

ウンピョウ
ズーラシアのウンピョウには2007年の3月26日に赤ちゃんが誕生しました。写真と解説が舎の横にあります。双子だそうで可愛い赤ちゃんです。ウンピョウの動物園での繁殖はとても難しいそうです。

ウンピョウ
ふた周り大きなネコといった感じのウンピョウ。とても可愛らしいのですが、ペットには無理でしょうか。

歩いているだけのウンピョウですが鳴き声が入っています。聞けるチャンスも少ないと思いますので一度聞いてみてください。大きさはちょっと大きい位なのですが、ネコとは全然違いますね。

ウンピョウ
この日は前に出てきて網に手をかけてすぐに奥に行き、展示舎内を一周してからまた同じ動作を繰り返していました。ウンピョウは左手のすみに道があるらしく良く通るようです。

ウンピョウ
樹上から飛び降りようとしているウンピョウ。獲物が下を通ればこのようにして襲いかかるのでしょう。ところでこの模様は素晴らしいと思います。三毛やトラの子どもは出来ないで子どもも全部この模様のようです。それも不思議。

ウンピョウ Clouded Leopard

  • 学名:Neofelis nebulosa nebulosa
  • 分類:食肉目 ネコ科
  • 分布:ネパール東部から中国南部、東南アジア
  • 生態:標高2,500mまでの森林に単独で棲む。樹上性が強く、1日のほとんどを木の上ですごす。犬歯はネコ科の中で特に大きくて長く、樹の下を通りがかった獲物の狩に役立つと言われている。体の側面にある雲形の斑紋が名前の由来。
  • 食べ物:小動物
よこはま動物園ズーラシアのプレートより転載


ウンピョウ
樹上で大きなあくびをするウンピョウ。かなり大きな獲物でも噛みつけそうな口の広がり方。人間だったらアゴはとっくに外れております。

ウンピョウ
樹上でおとなしくしているウンピョウはちょっと大き目のネコのようです。模様がとても綺麗です。

ポイント
家ネコより一回り大きい可愛いネコの仲間ですがちょっと神経質のようです。可愛いしぐさを見せることもあるのですが、季節によっては奥にいる事が多いです。

ウンピョウ Clouded Leopard

  • ★★★☆☆ パフォーマンス
  • ★★★★☆ 可愛さ
  • ★★★★☆ 見やすさ
  • 南西向きのオリは格子が左手からの太陽に反射して朝方は特に見にくいです。曇りの日は反射が和らぐのでチャンス。
by Explorer よこはま動物園ズーラシア