稲村ヶ崎から江の島、富士山と小動岬(こゆるぎみさき)を望む
鎌倉の海岸
撮影時期:2007年4月
稲村ヶ崎から江の島、富士山と小動岬(こゆるぎみさき)を望む


鎌倉の海岸線は東西に長く伸びています。東の端は三浦半島の付け根にかかり、西は江の島の手前、腰越に至ります。稲村ヶ崎付近に一部岩場がありますが、鎌倉の海岸線の殆どは砂浜で、材木座海岸や由比ヶ浜は海水浴場として親しまれています。稲村ヶ崎から見た、富士山方向への眺めは古くから絶景として名高く、江の島と小動岬(こゆるぎみさき)の間から富士山が顔をのぞかす姿は、多くの浮世絵として残っています。日本最古の船着場として、今も一部が残っている和賀江島(和賀江嶋)や、腰越の伝説の残る小動岬など鎌倉の海岸線は、昔ながらの美しい景観のまま、私達を引き付けてやみません。三浦半島海岸通り
●サイト内の写真は無料で御自由にあなたのホームページにお使い頂けます。
●個人用、商用も問いません。写真を加工してバナーやアイコン、Flashでの使用など、 ご自由にお使いください。
●写真を御使用になられましたら、ページの何処からでもかまいませんのでリンクをお願いいたします。
出来ない事
●サイト内の写真をこのサイトのように素材として再配布することは著作権を放棄したわけではありませんので、 固くお断りいたします。
●写真のご利用はホームページ、ブログ等のWeb限定でお願いいたします。 オリジナルの提供や買取等のご要望には対応出来ませんのでご了承ください。