むじな池のあずま屋
寺家(じけ)ふるさと村(横浜市青葉区)
撮影時期:2007年3月
むじな池のあずま屋


寺家(じけ)ふるさと村は「自然や農業は私たちにとって宝物だ。遠い昔からこの土地は すべての生命をいつくしみ 重んじていくことの素晴らしさが根付いている。人も同じ生き物だから 思いやりとやさしい気持ちを忘れずにいたい。」という『寺家ふるさと村憲章』の理念の下、都市化が進む横浜において、その地域の農業、林業と組み合わせて自然環境を良い状態で残し、都市部住民と第三次産業の相互理解を目指す”ふるさと村”づくりとして始められました。 寺家(じけ)ふるさと村は1984年、寺家ふるさと村体験農業振興組合が設立され、1987年には中心施設である「四季の家」が開館しました。寺家ふるさと村は東京都町田市と川崎市に隣接する横浜市の北西部(横浜市青葉区寺家町)に位置しています。住宅地の中に、ここだけが浮かび上がるような、懐かしい空気が漂う別世界です。雑木林の間に谷戸田と呼ばれる細長く伸びた水田と溜め池が点在し、子供のころの懐かしい景色がよみがえります。いくつかの施設では、さまざまな体験が出来るようになっていて、子供たちにも体験を通して歴史を楽しめるようになっています。

●サイト内の写真は無料で御自由にあなたのホームページにお使い頂けます。
●個人用、商用も問いません。写真を加工してバナーやアイコン、Flashでの使用など、 ご自由にお使いください。
●写真を御使用になられましたら、ページの何処からでもかまいませんのでリンクをお願いいたします。
出来ない事
●サイト内の写真をこのサイトのように素材として再配布することは著作権を放棄したわけではありませんので、 固くお断りいたします。
●写真のご利用はホームページ、ブログ等のWeb限定でお願いいたします。 オリジナルの提供や買取等のご要望には対応出来ませんのでご了承ください。