葉山マリーナ
葉山の海岸
撮影時期:2007年4月
葉山マリーナ


神奈川県葉山町は三浦半島の西北部に位置しており、湘南と呼ばれる地域の最東部にあたります。南は長者ヶ崎から北は葉山マリーナまでの美しい海岸線を持ち、大浜と一色の海水浴場の間には葉山御用邸があります。御用邸前の小磯付近では、昭和天皇がたびたび散策されて、多くの海洋生物を発見されました。それらは葉山しおさい博物館に展示公開されています。  葉山町民には自由独立の気風があり、湘南地方として一緒くたにされることを潔しとしない気風もあるようです。
海岸線には漁業を代表する真名瀬(しんなせ)、鐙摺(あぶずり)などの漁港の他、海洋レジャーの基地である葉山マリーナや観光地長者ヶ崎を持ち、美しい海岸線を望む各所には多くのリゾートマンションが建てられています。
沖合いの菜島(名島)には鳥居があり、近くの石原裕次郎を記念した裕次郎灯台もヨットマン達の安全を見守っています。三浦半島海岸通り
●サイト内の写真は無料で御自由にあなたのホームページにお使い頂けます。
●個人用、商用も問いません。写真を加工してバナーやアイコン、Flashでの使用など、 ご自由にお使いください。
●写真を御使用になられましたら、ページの何処からでもかまいませんのでリンクをお願いいたします。
出来ない事
●サイト内の写真をこのサイトのように素材として再配布することは著作権を放棄したわけではありませんので、 固くお断りいたします。
●写真のご利用はホームページ、ブログ等のWeb限定でお願いいたします。 オリジナルの提供や買取等のご要望には対応出来ませんのでご了承ください。