コンドル Andean Condor


野毛山動物園
コンドルの展示舎は360度どこからでも見る事が出来ます。ケージの内部は傾斜が付いていて、見学する人もケージの上と下から見学できます。

コンドルは歩くのも結構得意なのですが、ちょっとだけ歩いています。

野毛山動物園
コンドルが羽を広げたところです。3m近くあるのでは無いでしょうか。鳥としても空を飛ぶには限界に近いほど大型なので、こんな羽が必要なのでしょう。上空を大きな羽を広げて飛んでいる姿は、素晴らしいものだそうです。でも寝ていたら降りてきてつつかれそうで怖いな。

コンドル Andean Condor

  • 学名:Vultur gryphus
  • 分類:タカ目 コンドル科
  • 分布:南米コンドルとも呼ばれアンデス山脈生息する。
  • 生態:視力が非常にすぐれていて、上空から哺乳類の死体を捜して食べる。自分で狩りをするわけではないので、足の爪は鋭くない。
  • 食べ物:哺乳類の死体
野毛山動物園探検隊より


野毛山動物園
コンドルの顔は結構ブサイクで変な顔なんです。死肉をむさぼるイメージがあるので、あまり可愛い顔をされても困るんですが。上から下方に向かって写す。

野毛山動物園
下から上方に向かって写す。下からでも上からでも、左右どちらを向いても同じ顔です。

ポイント
大きい鳥だけに見逃す心配はありません。網に羽が当たるような近くにいる事もあります。

ポイント

  • ★★★☆☆ パフォーマンス
  • ★★☆☆☆ 可愛さ
  • ★★★★☆ 見やすさ
  • サービスに羽でも開いてくれたら最高です。
野毛山動物園探検隊より