フサオマキザル  Tufted capuchin


野毛山動物園
フサオマキザルはちょっと日当たりの悪いケージに暮らしています。もともと森林に住む小型のサルなので、日当たりにはあまりこだわりがないのかも知れません。

野毛山動物園
ケージの中を動き回っていますので、時々前面の鉄柵に飛び移ってきます。

ジャンプが得意のフサオマキザル。尻尾が長いのでバランスは取りやすいようです。

野毛山動物園
毛づくろいをするフサオマキザル。顔が人間に近いので複雑な気持ちになります。頭の毛の色が人間の生え方と似ているんです。

フサオマキザル  Tufted capuchin

  • 学名:Cebus apella
  • 分類:霊長目 オナガザル科
  • 分布:コロンビア、ブラジル、ベネズエラ
  • 生態:森林に小規模な群れを作って生活する。知能が高く道具を使う事で知られる。
  • 食べ物:昆虫、果実、種子
野毛山動物園探検隊より

野毛山動物園
フサオマキザル3態。なめザル、なにザル、ふてザル。逆でした。

野毛山動物園
確かに賢そうな顔はしています。

ポイント
同じ霊長類とはいえ、人の顔に良く似ているので変な気持ちです。

ポイント

  • ★★★★☆ パフォーマンス
  • ★★☆☆☆ 可愛さ
  • ★★★★☆ 見やすさ
  • 私達に近い仲間なので、悪賢い事を考えたりするのでしょうね。
野毛山動物園探検隊より