アムールトラ Amur Tiger


アムールトラの展示場はライオンの左隣です。

野毛山動物園
ライオンの展示場とは鉄の壁一枚。トラの前はいつも人気スポット。

左右に動く立派なタイガーです。

野毛山動物園
この壁の向こうはライオンがいます。トラはもともと単独行動のため、となりのライオンはまったく気にならないようです。

アムールトラ Amur Tiger

  • 学名:Panthera tigris tigris
  • 分類: ネコ目 ネコ科
  • 分布:ロシアと中国の国境を流れるアムール川流域
  • 生態:シベリアンタイガーとも呼ばれ森林を単独で行動する。3歳ほどで成熟し発情期の雌のトラは樹木にマーキングをして雄に発情を知らせます。雄と雌のトラは1週間程をともに過ごし妊娠をします。子供の数は一度の出産で3,4匹。
  • 食べ物:イノシシやシカなどの哺乳類
野毛山動物園探検隊より


野毛山動物園
歩く姿がトラは立派なんです。大きいネコなんだけれども、森で出会うわけには行きません。ただ、ベンガルトラと違ってアムールトラは人食いトラの報告は殆ど無いようです。人間の服装が厚着なので食べ辛いのかもと思ったり・・・
そういえば、07年の暮れのクリスマスにサンフランシスコ動物園のシベリアトラ(アムールトラ)がオリから逃げ出して、3人を死傷させました。謎があまりに多い事件でしたが。

野毛山動物園
「トラのメイメイさんがシッポを上げたらオシッコを飛ばすので逃げてください」 と注意書きが書いてあります。トラのオシッコは後方に霧状に噴射するので、逃げないとひどい目にあいます。

野毛山動物園
シッポを上げたので、皆がキャーと言って逃げたところ、猫ちゃんのようにしゃがんでオシッコをしていました。そういうときもあるらしいです。

ポイント
鉄格子はありますが、何しろオシッコをかけられるくらい近くで、トラが見れる人気スポット。

ポイント

  • ★★★★☆ パフォーマンス
  • ★★★★☆ 可愛さ
  • ★★★★☆ 見やすさ
  • 色々、動きが可愛くて、ライオンは本当にネコが大きくなっただけという印象です。
野毛山動物園探検隊より