コテでマテガイ捕獲


道具選び

マテガイの獲り方に関しては、アサリなどの貝が少ない場所で砂の表面を削る方法はいくつかあります。
良く知られているのはジョレンで表面を平らに削って出てきた穴に塩を入れるというものです。海岸によっては理屈に合った方法ですが、ここでは小型のコテを使った方法を御紹介します。

砂を削るのに適した道具は身近で色々見つかるのですが、とりあえず使えそうなものは安いものですので全部買い求めて使ってみました。
 
草取り用のカマ(左)と小型ジョレン。カマは危ないので刃を研いで丸めて使いました。


中型のジョレン。アナジャコ獲りにも使えます。

そしてこれがお好み焼きのヘラです。当然ですがゆっくりと曲げて角度を変えています。100円ショップで300円でしたかね。結構危険ですので布などをかぶせてゆっくりやりました。もし曲げるときはパキーンといくかも知れないので本当に注意してください。

私はお好み焼きのヘラを使っていますが、最初から曲げてあるヘラをどこかで売っていないでしょうか。
他にも移植ゴテとかチリトリとかも使えそうです。身近なもので何か見つけてください。


穴の掘り方

使い方はマテガイの穴を探しながら砂穴の斜面を45度見当に削り進んで行きます。
マテガイの穴は小指が入るくらいの大きさで、ともかく真っ直ぐ下に伸びていますので、スパッと斜めに穴が見えたら、もう少し表面を削ってみます。下にそのまま伸びているようならマテガイの穴ですので塩を入れてみます。
穴が横に曲がったり広がっているようなら、それはボケジャコなどの穴ですからパスしてください。
マテガイの穴をのぞくと海水が少し見える位の深さが塩が入れやすいです。この水深を削り具合で調整できるのもこの方法の長所です。
マテガイはすぐ隣を掘っても出なくなる事はないので、塩を入れたらただ待っていないで隣を遠慮なく掘り次の穴を探します。

ビデオ1(編集しています)

ビデオで見ていただくのが一番判りやすいと思いますので、ごらんください。
このビデオは編集しています。(1分26秒)

ノーカットビデオ

こちらのビデオはノーカットで砂削りからマテガイ抜きまで一連の手順を固定カメラで撮影しています。(2分27秒)

マテガイの穴を正面から

マテガイの穴が正面から見えて判りやすいビデオです。2つ目のマテガイは殻に手が当たって2度と出てきませんでした。おおらかなマテガイも手が当たるとさすがに危険を察知するようです。(30秒)


マテガイに逃げられたら

マテガイが顔を出してもすぐに潜ってしまったときは非常に残念です。ただ、相手は賢そうでもしょせん貝。
ちょっと考えると、マテガイは斧足を伸び縮みさせて出たり潜ったりしている事に気づきます。つまり、一度に出たり潜ったりするストロークは斧足の長さまでと決まっているわけで、穴の奥深く潜ったように見えても、斧足の長さ(せいぜい10cm弱)しか動けません。もう一段潜ろうと思えばもう一度、足を長く下に伸ばして先を穴の横に張って引っ掛け足を縮めるという作業をする必要があります。
つまり、潜られた直後であれば、指を突っ込んで少し掘るとマテガイは捕まえられるというわけです。このあたりがアナジャコやエビ、カニなどとは違ってマテガイの限界かな?


マテガイの穴を探していると、海でなくても、夏のこんな穴も気になったりします。雨が降った後、朝になると土の上に、こんな穴が沢山開いています。そんな日は朝からやたらうるさいので、すぐに分かります。そうです、セミの幼虫の出た穴です。マテガイよりは一回り大きくてアナジャコよりは小さい。塩を入れても中には何もいませんが。