塩でマテガイを捕獲しよう



マテガイの穴に塩を入れるとマテガイが飛び出してくる。
横浜には小さなマテガイは多いのですが塩が簡単に入れられる位の大きな穴のマテガイは非常に少なく中々専門に狙うという訳にはいきません。

でもいることはいますので頑張ればひょうきん者のマテガイに出会えるはずです。

捕獲の模様をビデオで固定撮影しましたのでここに掲載致します。
動画も見ることが出来ます。




マテガイの穴発見!!と言いたい所ですが他の生物の穴と区別がつきません。


とりあえず、近くの穴には全部塩を入れて見ます。


穴が小さく塩が上手く入らないので穴の回りに塩がこぼれています。


30秒後です。下の穴に注目。
中から海水と砂が出てきてこぼれた塩が少し侵食され始めました。



ん?何やら出てきたぞ。
マテガイの頭が少し出てきました。


しっかり出てきたので指の貝殻を割らないように掴みます。


しかし、出た頭が少しだったので、先を掴んでしまった。持ち替えなければ。
しかし、物凄い抵抗を示すマテガイ。
ここで無理をしすぎると足が切れることもあります。


写真で見えるでしょうか?斧足を下の砂の中に引っ掛けて最後の抵抗を試みます。少しマテガイが出て来たので貝殻の下の方に持ち替えました。


ついに力付き捕らえられたマテガイ。
伸びて先が膨らんだ斧足と付いた砂が抵抗の激しさを物語ります。


抜いた後、砂の上に置いておくと直ぐに砂に潜り始めます。
マテガイはバケツやポリ袋等に入れておかないと網だとするすると逃げられてしまいます。



もう1パターン。余り抵抗しなかったお利口マテガイ。

砂浜には穴が沢山開いています。
全部がマテガイだったらこの獲り方も簡単なのだけれど。
とてもとても。


塩を入れさせていただきます。
普通の150円の塩です。
袋の先をハサミで切って使用しました。


20秒後もう出てきました。
潮が満ちてきたと勘違いして出てくるらしいのですが、潮が引いている時の方が出やすいみたいです。



出たな、マテガイ。
これははっきり出ています。


簡単に捕まえたと。


全然抵抗せず出てきたマテガイ。
斧足の伸び方も少ないですね。


又潜られないように気をつけましょう。
形が形だけに潜るのは早いです。


マテガイはどうも潮が引いていく時の方が顔を出しやすいみたいです。
満ちてくる時は塩も入れにくいし顔もさっぱり出してくれません。
きっと、さっき潮が引き始めたのにもう上げてきたかと
マテガイがビックリするのかも知れません。

ストリーミング再生でマテガイ獲りの様子を見る事が出来ます。

塩を入れてからマテガイが出てくるまでの時間は編集しています。


塩を入れた穴がスゴイ反応をしたのでこれは巨大マテガイ登場かと期待した所バカガイが出てきました。バカな奴です。
見難いですが最初に塩を入れた穴をずっと見ていてください。