江の島マニアック 男坂を下りる

見晴台から下社へ


大山・江の島・鎌倉詣で
この道は片側が崖なので落ちると大変。よそ見をしながら歩かないように。

謎の巨木

大山・江の島・鎌倉詣で
しばらく行くと右手に小さな石段があり奥に巨木が。

大山・江の島・鎌倉詣で
石段を登ると少し広くなっていて割れた石碑が転がっていて、字もよく読めません。

大山・江の島・鎌倉詣で
これが巨木です。直径1mをゆうに超える大きさで由緒ある木と思うのだが
特に説明したものもありません。でも、お供え物もちゃんとありました。



二重社

大山・江の島・鎌倉詣で
少し進むと二重社が見えます。

大山・江の島・鎌倉詣で
と、歩いているうちに右手にこんな祠がありました。

大山・江の島・鎌倉詣で

二重社について

二重社は阿夫利神社の摂社で、高大山・江の島・鎌倉詣で神が奉祀されております。
御祭神は殖産、灌漑、雨乞いの守護神で、霊験のあらたかさは、よく知られている所であります。特に萬物の生命の根源である「水」をつかさどり、俗に龍神にもたとえられて、廣く根強い信仰と崇敬が集められています。
真摯なる祈りを捧ぐとき神威炳乎(しんいへいこ 輝くの意) 諸願は成就すと言われております。
大山阿夫利神社
二重社横の案内板より

大山・江の島・鎌倉詣で
内部を覗いてみました。暗くて何だか扉も閉まっています。

二重の滝

大山・江の島・鎌倉詣で
二重社の左奥にある二重の滝。

二重社について

大山川の源流をあんし、大自然の巨岩が二段にわかれ、上流の断崖(八ケ)より突如として湧水し水場(ヤツボ)を形成、二段の岸壁に流れ出ずる所より二重の瀧を言われております。神聖にして清浄なる所から浄めの瀧とも呼ばれ、修験者の禊の行場でありました。
又、江戸時代には、新年早々大工、鳶、左官職等の代表者が数日間下社に篭り二重の瀧に打たれ、心身を浄めてその年の賃金を決議したといわれています。
大山阿夫利神社
二重社横の案内板より



呪いの杉について

震災前までは、二重の瀧つぼのほとりに、樹齢千年をこす老杉がありました。この杉は、呪いの杉とよばれ神秘的凄愴の伝説が伝えられております。毎夜「丑の刻」に参り呪いの相手を形どった人形を杉の木にうちつけて呪いをはらしたといわれておりますが、現在は参道、道下の2本の杉がその面影を伝えております。
大山阿夫利神社
二重社横の案内板より

大山の原生林

大山・江の島・鎌倉詣で
大山の原生林の看板。モミの木が重要のようです。

落下警報

大山・江の島・鎌倉詣で
少し進むうちに細い木2本に大きな木が引っかかって浮いているのを発見。
人の力では無理ですから自然にこうなったのでしょうが落下に注意です。

谷止

大山・江の島・鎌倉詣で
上から何重にも作られた谷止です。
大雨などの際に大水や土砂の流出を防ぐものだと思います。



大山・江の島・鎌倉詣で
小さな神社と鳥居がありました。下社側から登る人用に向いています。
白いパネルは遭難を注意する内容。

遭難者多発に関する注意事項

大山・江の島・鎌倉詣で
一応載せておきます。私の意見は丹沢を甘く見てはいけません。
都心に近いのでわりと軽装で来るのですが、山の天気は急変します。

下社到着

大山・江の島・鎌倉詣で
下社の下に到着しました。この階段を登ると下社です。
追分に下りたいのでこのまま左に進みます。



大山・江の島・鎌倉詣で
丁度紅葉が綺麗でした。遠くの山も綺麗なのですが少しかすんでいます。

大山・江の島・鎌倉詣で
瀧御社道と書かれた道標。二重の瀧のことですね。

大山・江の島・鎌倉詣で
何だか良く判りませんがこんな石碑(墓?)を通り過ぎ男坂を下ります。





伊勢原から藤沢宿

藤沢宿から江の島

江の島から鎌倉へ

鎌倉から金沢八景

横浜から川崎大師

品川宿から神田へ


大山・江の島・鎌倉詣で大山・江の島・鎌倉詣で