チベットモンキー Tibetan Macaque


チベットモンキーの展示場はキンシコウの展示場の隣です。同じ建物の中からガラス越しに眺めるようになっています。北東向きのガラスは傾斜は付いていませんが見やすいです。

チベットモンキー
中央がチベットモンキーの観察用のガラス窓。左は屋外からの観察場所。屋外からも見やすい方向です。チベットモンキーが近くに寄ってきてくれればよいのですが。

なかなかこんな近くで正面から顔を見せることは無いのですが、撮影できましたのでご覧ください。あかんべえ付き。

チベットモンキー
ずんぐりした体型のチベットモンンキーは動きもゆっくり。落ち着きの無いサルが多い中で何だかこのサル好きですね。

チベットモンキー
顔がでかい。ひげがすごい。まさにチベットの聖人ではありませんか。


チベットモンキー Tibetan Macaque

  • 学名: Macaca thibetana
  • 分類:霊長目 オナガザル科
  • 分布:中国中東部
  • 生態:常緑・落葉樹林に20~60頭程の群れで棲む。雌は雄の約3倍の頭数。群れでは、2頭の成獣の雄が1頭の子どもを間に挟んで持ち上げ陰部を触ったりするなど得意な行動をする。これは子どもを社会的なコミュニケーションの手段として利用していると言われている。
  • 食べ物:木の葉、昆虫、果物、木の実
よこはま動物園ズーラシアのプレートより転載

チベットモンキー
南方系のサルに比べて、笑ってしまうくらい短足です。短足とはいえサルはサルなので金網を登ったりしますが、危なっかしい雰囲気。体型には親しみを覚えます。

チベットモンキー
サルとは思えないあごひげに、思わず付いていきたくなるオーラが。

チベットモンキー
チベットの修行僧を思わせる風貌。ひげはどうしたのでしょうか?剃ったわけは無いでしょうが。

チベットモンキー
この角度だとニホンザルに似た感じですが、実際には全体にずんぐりしていて足が太く短いです。

ポイント
近くで見れれば良いのですが、顔の毛が長くてすごいです。

チベットモンキー Tibetan Macaque

  • ★★☆☆☆ パフォーマンス
  • ★★★★☆ 可愛さ
  • ★★★★☆ 見やすさ
  • 聖人の雰囲気をただよわせるチベットモンキー。ご機嫌しだいですが、結構奥にいる事が多いですね。
by Explorer よこはま動物園ズーラシア