アカカンガルー Red Kangaroo


アカカンガルーはエミューやロウバシガンと一緒に広い展示場で暮らしています。その中でもアカカンガルーは頭数が多いので、そこらじゅうで見ることが出来ます。映像などでは飛び跳ねている様子が放映されますが、割と寝ている事が多いです。(笑)

アカカンガルー
巨大な岩で造られたアカカンガルーの観察場所。この左右にも複数の観察場所があってアカカンガルーを見ることが出来ます。全体にカンガルーは遠くで寝ている事が多いようです。

食事中のアカカンガルーとカンガルー軍団の様子。

アカカンガルー
赤土の上で寝そべるアカカンガルーの群れ。オーストラリアでも天敵はいないので、こんな感じなのでしょうか。

カンガルーのジャンプ
いつもはゴロゴロ寝てばかりいますが、飛ぶときには飛びます。


アカカンガルー Red Kangaroo

  • 学名: Macropus rufus
  • 分類:有袋目 カンガルー科
  • 分布:オーストラリアの内陸部
  • 生態:やや乾燥した草原などの開けた土地に小群で棲む。雌はおよそ8ヶ月間、育児嚢(いくじのう)と呼ばれる袋の中で1頭の子供を育てる。繁殖期は決まっていない。多くの雌が褐色であることからこの名があるが、灰色をした雄もいる。有袋類の中では最大種。
  • 食べ物:草類
よこはま動物園ズーラシアのプレートより転載


アカカンガルー
レッサーパンダどころではなく、ものすごく立ちやすい足の形に注目。おまけに尻尾まで付いているし、人間よりもはるかに安定性があります。

ポイント
確か本気を出すと2m位飛び上がって、ジャンプ距離も10m位は行くんじゃあないでしょうか。

アカカンガルー Red Kangaroo

  • ★★★☆☆ パフォーマンス
  • ★★★☆☆ 可愛さ
  • ★★★☆☆ 見やすさ
  • 場所が広々としているのでアカカンガルーも気持ちが良さそうです。エミューとかロウバシガンと仲良く暮らしているのもほほえましいです。仲が良いというよりはお互いに無関心にも見えます。広いところに棲んでいると、そういう性格になるんでしょう。
by Explorer よこはま動物園ズーラシア