ホンドキツネ Japanese Red Fox


ニホンアナグマとホンドタヌキは小屋の中からガラス越しに眺めましたが、ホンドキツネは屋外から展示場を眺めることになります。西向きですが南側に樹木があるため非常に見やすい展示場です。

ホンドキツネ
中央がホンドキツネの展示場。右手がニホンツキノワグマの展示場です。ホンドキツネは展示場の右手に日が当たるため、右手の奥に居ることが多いです。中々手前には出てこないです。

ホンドキツネ
お食事の時は一番手前に餌が置かれるためホンドキツネが手前に出てきます。

10月のホンドキツネです。尻尾がかなりフサフサしていますが、冬場はもう少しフサフサになります。 6月はごぼうの様に細くなるとプレートに書いてありました。


ホンドキツネ Japanese Red Fox

  • 学名:Vulpes vulpes japonica
  • 分類:食肉目 イヌ科
  • 分布:日本(本州、四国、九州)
  • 生態:山林、平原、人里周辺に至る様々な環境に棲む。繁殖期には定住性のある雌の元に数頭の雄が集まり、つがいが形成され、前年生まれの雌(ヘルパー)と共に子育てを行う。出産のための巣穴は主に丘陵地の斜面などに自らが掘って作る。
  • 食べ物:小動物、昆虫類、果物、木の実
よこはま動物園ズーラシアのプレートより転載


ホンドキツネ
舌なめずりをするホンドキツネ。眼前に出てくることはあまり無いため、少し写真を沢山載せておきます。

ホンドキツネ
確か、何か吼えたような気もするのですが、忘れました。

ホンドキツネ
同じ場所で下向きのホンドキツネ。

ホンドキツネ
キツネは昔話では悪役の事が多いのですが、顔が長いだけで悪いやつという印象は無いですネ。十分可愛いと思いますが。

ポイント
キツネの展示場は間口が狭くて奥が深いので、前に出てくる食事時がチャンス。

ホンドキツネ Japanese Red Fox

  • ★★☆☆☆ パフォーマンス
  • ★★★★☆ 可愛さ
  • ★★★☆☆ 見やすさ
  • キツネに会えただけでもラッキーです。そのつもりで見ると良いのかも。
by Explorer よこはま動物園ズーラシア