ホンドタヌキ Japanese Raccoon Dog


昔から人を化かすとか狸寝入りなどとぼけたイメージで伝えられてきたタヌキです。棲家はだんだんと狭められて結構市街地にも出没しています。埼玉の友人の家の前にも出没しバッチリ証拠写真まで撮られました。

ホンドタヌキ
玄関のまん前でフラッシュをたかれてビックリ(たぶん)しているタヌキ。
注:この写真はもちろんズーラシアでのものではありません。

ホンドタヌキ
こちらが真北を向いたホンドタヌキの観察窓。北向きですので見易さは抜群。反射も無くホンドタヌキを見ることが出来ます。むしろ、タヌキが太陽の直撃でハレーションを起こすくらいです。

タヌキが意外とステップが軽いのを認識。太っているように見えるけれど、毛が多くてお風呂に入れると意外と体は細いのではないでしょうか。 入れたことはないので想像ですが。

ホンドタヌキ
この小さな小屋がニホンアナグマとホンドタヌキの観察所。入って左アナグマ、右タヌキ。


ホンドタヌキ Japanese Raccoon Dog

  • 学名:Myctereutes procyonoides viverrinus
  • 分類:食肉目 イヌ科
  • 分布:日本(本州、四国、九州)
  • 生態:主に人里近くの丘陵地帯の落葉樹林帯に棲み、身を隠せる下草が密生した土地を好む。個体間のコミュニケーションには、ため糞場が利用される。繁殖期には1頭の雌に複数の雄が集まり、つがいが形成され、雄も子育てに協力する。
  • 食べ物:小動物、昆虫類、果物、木の実
よこはま動物園ズーラシアのプレートより転載


ホンドタヌキ
やはり日向は暖かいのでしょう。右のタヌキはタヌキ寝入りではないらしい。

ホンドタヌキ
草むらから顔を出すホンドタヌキ。タヌキの足は意外と黒いのです。

ポイント
タヌキは日向ぼっこのポイントが決まっているようです。まったく姿が見えないときはどこに行っているのでしょうか。

ホンドタヌキ Japanese Raccoon Dog

  • ★★☆☆☆ パフォーマンス
  • ★★★★☆ 可愛さ
  • ★★★★☆ 見やすさ
  • 昔話や置物で子どもの頃から親しんだタヌキです。実物は想像よりもはるかに小さかったと思うかもしれません。
by Explorer よこはま動物園ズーラシア