ニホンツキノワグマ Japanese Black Bear


時々きのこ狩りの人などが出くわして大騒ぎになるツキノワグマです。顔を見るとディズニーのプーさんのようで可愛いんです。「森のクマさん」 という、ある日森の中でクマさんに出会った、という歌もありますが、実際には出会ったらランランランどころではないですね。

ニホンツキノワグマ
北西向きの展示場は非常に見やすいです。ただ、ツキノワグマの位置が人の目の位置より上になるので、ステージ上のクマを見ているよう。クマに見下ろされているような不思議な気分です。


その後、展示場の中に滝と小川が出来て環境に変化が出来、クマさんも喜んでいることでしょう。

ニホンツキノワグマ
シロクマもそうですが、ともかく同じ場所を行ったり来たりしています。

何分流しても、同じ繰り返しですので以下省略という感じなんですが・・・


ニホンツキノワグマ Japanese Black Bear

  • 学名:Selenarctos thibetanus japonicus
  • 分類:食肉目 クマ科
  • 分布:日本(本州、四国、九州)
  • 生態:山地の森林に単独で棲む。寒い地方のものは岩山、土穴、木の根元の穴などを利用して冬ごもりをする。冬ごもりに入る前、脂肪を蓄えるため、多量の木の実を食べる。
  • 食べ物:果物、木の実、昆虫、魚類、エビ
よこはま動物園ズーラシアのプレートより転載


ニホンツキノワグマ
ニホンツキノワグマの耳は思っているより随分後ろの方に付いていることがわかります。

ニホンツキノワグマ
左右に行ったり来たりするだけですのでポーズは限られますが、時々良い表情をするんです。口が笑っているように見えます。

ニホンツキノワグマ
やさしそうなプーさんみたいな顔でしょう。でも猛獣ですからね。

ポイント
全身真っ黒で遠くだと表情が判りづらいのですが、回るときに一瞬こちらを向いたりします。そのときに精神を集中して見てください。結構可愛い顔なのが判るかと思います。

ニホンツキノワグマ Japanese Black Bear

  • ★★☆☆☆ パフォーマンス
  • ★★★★☆ 可愛さ
  • ★★★☆☆ 見やすさ
  • 位置が高いので子ども達には見難い高さかも知れません。
by Explorer よこはま動物園ズーラシア