よこはま動物園 ズーラシア Zoorasia


かつては狭いオリに入れられていた動物達を近くで見るというのが動物園でしたが、ズーラシアではそれぞれの動物達が広いスペースを与えられて伸び伸びと暮らしています。動物達の本心は判りませんが、見ている側としては 「狭くて可愛そう 」 といった変な同情を感じずに楽しく一日を過ごせますので、子供達や恋人同士で訪れるには最適な場所といえるでしょう。

人間の都合よりも動物の都合を優先しているので、見辛いことも多いですがそれを理解しながら楽しめば良いのではと思います。人目にさらされるのがいやな時は動物達が避難できる場所が必ず設けられています。そこに動物が逃げ込んだ日はそういう日だと思うしかありません。私たちにも調子が良い日とすぐれない日があるように、動物達も同じように寝ていたい日もある筈です。

広大な敷地は世界の地域ごとにいくつかに分けられ、順番に見ていくことによって世界旅行をしたような気分が味わえるようになっています。ズーラシアは見学コースが一本道ですので、順路にそって歩いていけば展示場を見落とす事はありません。ただ先ほども述べたように広い展示場に自然に近い状態で展示されているため、寝ていたり、動物が隠れて見えないことも多く、一日ではすべてを見ることは出来ないと思います。深く楽しもうと思えば何度か訪れて、是非ズーラシアを攻略して下さい。




入口を入るとすぐ右手に園内シャトルバスの乗り場があります。枝にぶら下がっているサルのモニュメントが迎えてくれます。


園内シャトルバス乗り場。毎日運行のサバンナ号と土日祝のみ運行のズッピルートがあり両方とも新しく出来た 「アフリカのサバンナ」 ゾーンのある北門行きです。バスは専用道路を通るため、バス道路の歩行は出来ません。

ズーラシア
入園するとすぐに石の子ゾウが私達を迎えてくれます。


ズーラシア入園のご案内

  • 開園時間 9:30~16:30 入園は16:00まで
  • 休園日 毎週火曜日(祝日の場合は開園、翌日休園) 5月と10月は火曜日も開園 例外日多数あり。詳細はお問い合わせ下さい。
  • 入園料 大人600円 高校生300円 小中学生200円
よこはま動物園ズーラシアのMapより転載


ズーラシア
ズーラシアに入園するとすぐに大きな木の門がありここを抜けるとアジアの熱帯林に入ります。


ズーラシアに入園してすぐに大きな門を抜ける様子です。



ズーラシア

ズーラシアへ電車で来られる場合

  • 相鉄線「鶴ヶ峰駅」からズーラシア行きバス15分
  • 相鉄線「三ツ境駅」からズーラシア行きバス15分
  • JR横浜線「中山駅」からズーラシア行きバス15分

ズーラシアに車で来られる場合

  • 東名高速「横浜町田I.C.」から約15分
  • 保土ヶ谷バイパス「下川井I.C.」から約5分
  • 第三京浜「港北I.C.」から約20分

ズーラシアからのお願い

  • 動物に食べ物を与えたり、おどろかせたりしないでください。
  • 岩、木、柵などに登ったりしないでください。
  • ボールやキックボードなどの遊び道具の持ち込みやローラーシューズでの御入園はお断りさせていただきます。
  • 喫煙は指定の場所でお願いいたします。
  • ゴミの持ち帰りなど園内の美化にご協力ください。
  • 犬や猫などのペットを連れての入園はお断りさせていただきます。
  • 補助犬を連れての入園は、ご覧いただけない所が一部ございます。
よこはま動物園ズーラシアのMapより転載


ポイント
ズーラシアでは基本的に動物は遠くにいます。食事時など特別な時以外は中々近くに寄ってきてくれません。逆に猿の仲間達やミナミアフリカオットセイなどのように近くに寄ってきてサービスしてくれる動物達もいます。気難しい動物達を見るときは食事時に合わせるのが一番です。当日の食事時間の情報は入り口にありますので、チェック。

ズーラシア内でのお食事

  • オージーヒルグリルレストラン 10:00~16:00
  • ハーゲンダッツカフェ 10:00~16:00 場外ですがチケットを持っていればズーラシアに再入場できます。
  • ジャングルカフェ 9:30~15:00 

ズーラシア内でのお買い物

  • アクアテラス ズーラシアのオリジナルグッズ販売 場外 9:30~17:00
  • オージーヒル ズーラシアのオリジナルグッズ販売 10:00~16:00 
よこはま動物園ズーラシアのMapより転載

自然体験林 ジャングルキャンプ アフリカの熱帯雨林 わんぱくの森 わくわく広場 アマゾンの密林 日本の山里 中央アジアの高地 オセアニアの草原 アジアの熱帯林 亜寒帯の森