3月の野島海岸

潮は引かないけれど天気の良い日曜日


2017年3月19日の干潮は14時35分に 53㎝ですから、特に潮干狩りに適したわけではありませんが、水に浸かればアサリは掘れるというわけで、横浜の野島海岸に行ってきました。

人気はボチボチですが、この後干潮が近づくにつれて人が増えてきました。明日は祭日とはいえさすがに難しくなります。

今年はアカエイの食害があってどんな具合かが気になります。


やっぱりアカエイが出没していた


海の中を見るとアサリの殻が粉々になった食事の後があります。アカエイですね。細かくバリバリにかみ砕いて、殻を吐き出しています。このような貝殻の粉の固まりが結構沢山ありますが、海の公園のような惨状ではありません。

まだまだ、アサリは居ます。ただ、やはり浅い場所にいるアサリの方が狙われるのでしょうか。残ったアサリは非常に深く潜っています。

暖かくなるまでは、頑張って少し深めに掘らなくては。



持ち帰り方に注意


アサリは元気に持ち帰ると、家で砂を奇麗に吐きます。
アサリは水から出してクーラーで持ち帰る事。砂出し用の海水をペットボトルで持ち帰る事。
砂出しの後は、水から上げて塩出しも忘れずに。