2012年富津潮干狩り場の状況



●富津潮干狩り場、アサリ王国へ復活なるか

2012年4月21日富津潮干狩り場に出かけました。
富津といえばアサリ不足など聞いたことも無い程のアサリ王国だったのですが、一人2Kg超過を制限するほどのアサリ不足に見舞われた一昨年から昨年は地震の津波、原発と大変な逆風の中、今年こそ復活して欲しいという希望のもと、出かけました。


早朝ですが、お客さんはどんどん沖に出て行きます。風があって寒い日なのに皆元気です。


足元には沢山の穴が空いています。富津は管理潮干狩り場なのでクマデ以外は使えないのですが、マテガイの穴も結構ありました。

アサリはそこら中に沢山いて、誰でも簡単に獲ることが出来ます。余程ポイントを外さない限り網一杯獲ることが出来るでしょう。各種のアサリが獲れますが、これだけ沢山いたらせっかくですので、模様のハッキリした地のアサリを狙いたいところです。
全体にアサリは大きいのであっという間に網が埋まります。潮干狩りが初めての方には失望させないためにも、第一にお勧めしたいのが外れの無い富津です。

富津といえば潮干狩り場に来たついでに富津岬も見ておきたいところ。

富津岬の先端には明治100年記念展望塔があって自由に登れます。


展望塔に登って富津岬の先端から浦賀水道を眺めると岬の先に第一海堡が見えます。前の浜は貝殻拾いの絶好スポットです。


富津岬の帰りに再度、富津潮干狩り場に寄ってみると、潮が満ちてきたせいかびっしりと詰まっていた駐車場の車もポツポツという風景に変わっていました。

●計量

皆さんアサリが沢山獲れるせいか超過料金を払う人が多いようです。

富津では入浜券を1600円で買うと小さな網が付いてきます。アサリ2Kgを超えると超過料金を払わなければならないのですが、この網一杯が2Kgの目安です。この網だけなら計量なしに出口を通れます。
さて網パンパンにアサリを獲ったので、家のハカリで計ってみると1.86Kgでした。後140グラム(アサリ10個~15個)位は獲れたという事です。ケチな話です。
大き目のアサリばかり獲ったのでアサリ同士の間に隙間が出来たものと考えられます。
また富津ではハマグリも沢山獲れるのでハマグリを混ぜると重くなります。
私は網の口を閉めましたが、口が閉め切らない状態でもアサリだけなら2Kgは十分クリア出来そうですヨ。

●砂抜き

今、砂抜き中です。

大きなアサリで何を作ろうかと今考えています。


sitemap