横浜港シンボルタワーと海釣り施設 横浜港シンボルタワー展望室から千葉方向 写真No.symbol_0097
横浜港シンボルタワーと海釣り施設、横浜港シンボルタワー展望室から千葉方向、撮影:2007年2月
前の写真   symbol_0097.jpg   次の写真
メニューに戻る

横浜港シンボルタワーと海釣り施設
撮影時期:2007年2月
横浜港シンボルタワー展望室から千葉方向

横浜港シンボルタワーと本牧海釣り施設
横浜港シンボルタワーは1986年に本牧埠頭の先端D突堤に造られました。横浜港のシンボルであると同時に行きかう船舶に安全に行き交うためのさまざまな情報を配信しています。高さは48mで上部に360度を見渡せる無料の展望室が付属しています。ただし、係員は常駐しておらず、エレベーターも無いため階段を歩いて登ります。海風が直接あたるのと、係員がいないため、窓が少し汚れ気味なのが難点でしょうか。
本牧海釣り施設は1978年にオープンした横浜市最大の釣り施設で本牧D突堤の付け根に作られ潮の通りが良い事から、さまざまな魚を釣ることが出来ます。台風で桟橋が流れた事もありますが、結局行方不明になり新たに設置されました。この事から判る様に一帯は水深10mを軽く超えるほど深く、潮の流れも速い場所です。
●サイト内の写真は無料で御自由にあなたのホームページにお使い頂けます。
●個人用、商用も問いません。写真を加工してバナーやアイコン、Flashでの使用など、ご自由にお使いください。
●写真を御使用になられましたら、ページの何処からでもかまいませんのでリンクをお願いいたします。
出来ない事
●サイト内の写真をこのサイトのように素材として再配布することは著作権を放棄したわけではありませんので、固くお断りいたします。
●写真のご利用はホームページ、ブログ等のWeb限定でお願いいたします。オリジナルの提供や買取等のご要望には対応出来ませんのでご了承ください。
ファイル名:symbol_0097.jpg
更新日時:2008/4/8 19:20
Exif Version:2.2
FlashPix Version:1
メーカー名:FUJIFILM
モデル名:FinePix F10
ソフトウェア:Picasa 3.0
メーカーノート:有り ($00000342 ~ 298 Bytes)
作者名:原田知篤
画像タイトル:不明
撮影日時:2007/2/26 11:45
撮影日時サブ:2007/2/26 11:45
作成日時:不明
作成日時サブ:不明
変更日時:2007/2/26 11:45
変更日時サブ:不明
ファイルソース:Digital Still Camera
シーンタイプ:直接撮影された画像
色空間情報:Uncalibrated
再生ガンマ:不明
画像圧縮モード:2
実効画像幅:2848
実効画像高:2136
解像度(X):72
解像度(Y):72
解像度単位:dot/inch
レンズ焦点距離:24
焦点面解像度(X):5820
焦点面解像度(Y):5820
焦点面解像度単位:dot/cm
センサー方式:単板カラーセンサ
測光方式:分割測光
スペクトル感度:不明
ISOスピードレート:100
シャッタースピード:0.0034
露出時間:0.004
絞り値:4.92
Fナンバー:5
レンズ最小F値:2.83
輝度値:8.49
露光補正値:0
光源:Auto/Custom
フラッシュ:未発光(禁止); 赤目(無し); ストロボ(有り); リターン(機能無し)
フラッシュ強度:不明
被写体距離:不明
被写体距離レンジ:不明
被写体位置:不明
被写体領域:不明
露出プログラム:ノーマルプログラム
露出インデックス:不明
露出モード:自動(Auto Exposure)
ホワイトバランス:自動(Auto White Balance)
ゲイン制御:不明
個別画像処理:通常処理(Normal Process)
デジタルズーム:不明
35mm換算焦点距離:不明
撮影シーンタイプ:標準(Standard)
撮影コントラスト:不明
撮影彩度:不明
撮影シャープネス:標準(Normal)
画像ユニークID:591e61e1a202306cd459d90d508c9464