大倉山公園・桜の季節、大倉山公園のお花見。公園には桜もあります。、撮影:2008年3月
前の写真   okurayama_1025.jpg   次の写真
メニューに戻る

大倉山公園・桜の季節
撮影時期:2008年3月
大倉山公園のお花見。公園には桜もあります。

大倉山公園は東横線大倉山駅から丘を登った場所にあり、実業家大倉邦彦(1882~1971)が建てた大倉精神文化研究所が、大倉山記念館として残っています。重厚なゴシック風の建物で、一般にも貸し出しされていますから、演奏会、展示会など様々な催し物に利用されています。梅林の方は、もともと東急電鉄が作り、初期には1000本を超える梅の木が咲き乱れたそうです。現在は180本程の梅が我々の目を楽しませてくれます。幼木も多いので将来は楽しみではないでしょうか。観梅会の時期には露店も出て沿線随一の梅の名所として知られています。
●サイト内の写真は無料で御自由にあなたのホームページにお使い頂けます。
●個人用、商用も問いません。写真を加工してバナーやアイコン、Flashでの使用など、ご自由にお使いください。
●写真を御使用になられましたら、ページの何処からでもかまいませんのでリンクをお願いいたします。
出来ない事
●サイト内の写真をこのサイトのように素材として再配布することは著作権を放棄したわけではありませんので、固くお断りいたします。
●写真のご利用はホームページ、ブログ等のWeb限定でお願いいたします。オリジナルの提供や買取等のご要望には対応出来ませんのでご了承ください。
ファイル名:okurayama_1025.jpg
更新日時:2008/3/29 16:24
Exif Version:2.21
FlashPix Version:1
メーカー名:NIKON CORPORATION
モデル名:NIKON D80
ソフトウェア:Picasa 3.0
メーカーノート:不明
作者名:原田知篤
画像タイトル:不明
撮影日時:47:53.4
撮影日時サブ:40
作成日時:47:53.4
作成日時サブ:40
変更日時:47:53.4
変更日時サブ:40
ファイルソース:Digital Still Camera
シーンタイプ:直接撮影された画像
色空間情報:Uncalibrated
再生ガンマ:不明
画像圧縮モード:2
実効画像幅:2896
実効画像高:1944
解像度(X):300
解像度(Y):300
解像度単位:dot/inch
レンズ焦点距離:135
焦点面解像度(X):不明
焦点面解像度(Y):不明
焦点面解像度単位:不明
センサー方式:単板カラーセンサ
測光方式:分割測光
スペクトル感度:不明
ISOスピードレート:1600
シャッタースピード:不明
露出時間:0.0004
絞り値:不明
Fナンバー:5.6
レンズ最小F値:5.66
輝度値:不明
露光補正値:0
光源:Auto/Custom
フラッシュ:未発光(不明); 赤目(無し); ストロボ(有り); リターン(機能無し)
フラッシュ強度:不明
被写体距離:不明
被写体距離レンジ:不明
被写体位置:不明
被写体領域:不明
露出プログラム:絞り優先AE
露出インデックス:不明
露出モード:自動(Auto Exposure)
ホワイトバランス:自動(Auto White Balance)
ゲイン制御:強い増感(High Gain Up)
個別画像処理:通常処理(Normal Process)
デジタルズーム:x 1
35mm換算焦点距離:202
撮影シーンタイプ:標準(Standard)
撮影コントラスト:標準(Normal)
撮影彩度:標準(Normal)
撮影シャープネス:強い(Hard)
画像ユニークID:98f62231aa6c1d5ab486ea7cba54fb45