『チューリップ』

Nature Capture 「チューリップ」


<チューリップ>


こんにちは、遊外王です。

週末こそ風が強くて涼しかったのですが、4月の第一週だというのに、
連日初夏を思わせる様な気候が続いています。

でも朝晩はやはり4月初旬。

庭では色々な花の饗宴が繰り広げられております。

さて、三月中旬から咲き始めたチューリップですが、今が盛りとなりました。

そんな訳で、今回もチューリップのレポートをしてみたいと思います。

庭の花壇は1㎡に満たないものが5つのブロックになっておりまして、
前回レポート致しましたのは第一番目花壇のチューリップです。

第二番目の花壇は今年もチューリップを植える予定でしたが、
ブルーボンネットに占領されていまい、

今年のチューリップは予定していなかった3つの花壇の隙間で花を咲かせています。

そこには、チューリップ以外にもいくつもの草木が植えてありますので、
今年の球根の堀上げにはちょっと苦労しそうです。

写真は第三番目と第四番目の花壇の様子です。

なんとか「赤」、「白」、「黄色」がそろって咲いてくれました。
朝日を浴びたチューリップ達はとても気持ちが良さそうでした。


ふと、第四花壇に目をやると、「季節」と言うものを否定するかの様な光景が、、、

本当に今年の季節は、どうなっているのか?
なんと、房水仙が咲いているではありませんか、全体の写真ではわかりにくいのですが、赤と白のチューリップに囲まれて咲いています。

この写真の中では中心からやや左下に鎮座しております。


ちょっとアップにしてみると、、、 こんな感じになりました。

この写真ではあまり不自然にはみえませんが、この周りにはチューリップの花が咲いているのです。



その対角ではなんと、ジャーマンアイリスが
第二弾の蕾をつけ初めていました。

こいつもわかりにくいのでアップにしてみました。

第一弾の2本は先週の初めに花瓶へ直行、
第二弾の3本があと2~3日で花が咲く状態になります。
チューリップを特集するつもりが、2月~3月に開花する水仙と
4月に咲くチューリップと5月に咲くジャーマンアイリスが
同時期に出演している状況のレポートとなってしまいました。

例年より「遅く咲く花」と「早く咲く花」でいつもの春とは違った庭となってしまいました。

以上、『チューリップ』のレポートでした。


by 遊外王 4月6日