『秋かな?』

Nature Capture「秋の味覚」
遊外王の「実りの秋」


<ナツメ>

こんにちは、遊外王です。


猛烈な残暑の一週間が過ぎ、
9月の第一週の休みは、
昼間は少々汗ばむ様ですが、
朝晩は秋を思わせる様な気候になりました。

こうなると、朝顔も季節外れと言う気分に
なってしまいます。

昨日、ふと気がつくと
17:00に市役所の「夕焼け小焼け」が流れ、
周囲はもう暗くなり始めております。

今回は、そんな秋の入り口をレポートしてみたいと思います。

【ナツメ】


とにかく高さ方向に大きくなる木で、
高い物では10mぐらい迄伸びるそうです。

大王様の庭のナツメは毎年高さ方向の幹が切られています。

ナツメは漢方薬として売られており、
これは赤く熟した果実を軽く湯通しして
乾燥させたものです。

実をかじってみると、ほのかに甘く、
りんごの水分が無い様な味です。

薬効を調べてみると、

① 筋肉の緊張をほぐしたりや知覚過敏の緩和する働き
② 強壮、利尿作用
③ 咳を鎮めたり、腰痛など に効果があるそうです。


毎年、成りっ放しでの放任状態ですので、
木の周辺には何本か苗木が出てきています。

写真は、ナツメの実です。食べ頃迄あと少し、、、

【むかご】


秋の我が家の定番、自然薯堀の前の
「ムカゴ」の収穫となりました。

直径5mm~20mm前後迄成長しており、
先週と今週に収穫出来ました。

金曜日、土曜日に降った雨で、
むかごの表面に白いコブが出ているものがありました。

おそらく、根を出そうとしているものでしょう。

今年は、素揚げで塩をパラリとかけて戴きました。
酒の肴にはもってこいです。


1回に500g程の収穫でしたが、
食卓にならべられて、
あっと言う間に無くなってしまいました。

ちなみに、味はフライドポテト風でしたので
子供達も喜んでいました。
これから、フライド・ムカゴが我が家の季節料理のレパートリーに入る事と致します。


【ざくろ】


毎年報告している、
ざくろの実ですが、
もうすぐ収穫です。

今年はいくつ収穫できるか、、、

楽しみです。

【おまけ】


朝の散歩で、菜園の周囲を見ていたら、
得体の知れぬ幼虫がヤマトイモの葉を殆ど食べていました。
大きさは大人の指程ありました。

お仕置きのため捕獲して良い卵を産む様に、
鶏の餌となっていただきました。

季節のチャンネルは秋に切り替わった様です。
気のせいか、青空も少し高くなった様な気分になってきました。
気候の変化の激しい時期ですので、皆様もお体に気をつけて、、、

以上、「秋かな?」のレポートでした。

9月8日 by 遊外王