『アウトドア内伝2002』

Nature Capture 『観葉植物』


<カボック>

こんにちは、遊外王です。

 新年
   あけまして
      おめでとうございます
(注: この写真は花屋さんで購入したものです。)

2002年の正月は、例年とは異なり、我が家でゆっくり過ごす正月でした。
東海地方では記録的な雪とか、関東では2日に雨が若干降ったものの太陽と青空の3ヶ日の良い正月となりました。
本年もアウトドア外伝「遊外王」をよろしくお願い致します。
このページのおかげでしょうか、昨年の中頃から咲き終わった蘭や観葉植物が我が家に届く様になりました。
花が咲き終わっているため、何色の花が咲くのかわからずにそだてております。

【胡蝶蘭パート2】


花の色は不明です。
昨年の夏に戴いたもので当時は葉が4枚でしたが、
現在は6枚に迄増えてきました。
現在のところ、花芽らしきものは確認出来ていません。
そろそろ出てきても良い時期なんですが、、、

【パキラ】


入院時(昨年の11月)は葉が2枚しかありませんでしたが、
現在では8枚までに回復しております。

パキラを育てるのは初めてですが、
他の観葉植物と同様に部屋に入れて週に2回~3回の水を与え、
月に一度水性の肥料をやるだけの世話をしております。

このパキラという植物を調べてみたら挿し木で殖えるそうですが、
実生(種)で育てないと根元がトックリ状にならないそうです。

日本で花が咲くそうですのでどんな花が咲き、
実が成るのかこれからが楽しみです。

【カポック】


私の知っている観葉植物の中でも
一般的なものだと思っております。

部屋に入れてから10数枚の葉が増えました。

これも昨年11月に入手、
パキラよりはマシな状態で入院、
退院迄あと少しの状態です。


【カトレア】


これは昨年12月に入手したもので、
非常に元気なバルブを持っております。

花の咲き終わったバルブが7本です。

残念ながらこれも花を見ておりません。

カトレアには初挑戦ですので、色々と勉強しなければ、、、
来シーズンは株分けしてやろうかと悩んでおります。

シンビジュームは低温でも10度前後の温度管理で大丈夫との事ですが、カトレアは低温に弱いそうで、15度前後の温度管理が必要との事でした。

管理が大変そうです。

とりあえず、天井に近いところに置くことにしました。

(床に近いところより温度が高そうなので、、、)
今年は、窓際の日照権争いは激化の一途を辿り窓一面が植木鉢。

加えて、この他に入院予定の胡蝶蘭やシクラメン等が空席待ちの状態です。

そんな訳で、3月中旬迄は緑のカーテンでも眺める事となります。

以上

by 遊外王 1月06日