『大王様の畑訪問』

Nature Capture
ものすごい量の野菜
遊外王の「大王様の畑への招待」


<王家のお土産>

こんにちは、遊外王ではなくて遊外部長です。

遊外王より、大王様の畑の作物が沢山実っているので、
収穫祭をやろうとの誘い。
うわさの大王畑を見なければと、7月25日(火)朝6時半に部長夫人と長男を連れて家を出発。
暑さを心配しての早朝出発だったが、幸い当日はかなり前日より温度が下がり絶好の収穫日和。
2時間ほどかけて、現地到着。

早速、畑を一望すると、
で、でかい
な、なんだこれは

超巨大菜園

専業農家がやれる大きさの畑です。

これは、片面の一部だけで道路を隔ててもう一面あり
とても小さな写真には収まりません。

畑の詳細は究極のアウトドアとは にあります。

いくら巨大ても、あくまで家庭菜園ですので、
この畑にはありとあらゆる様々な野菜が栽培されています。

収穫したのは、じゃがいも、タマネギ、とうもろこし、かぼちゃ、きゅうり、ピーマン、トマト、ほうづき、なす、オオバ、ふき、すいか、ひまわり、パプリカ、三尺ささげ他もろもろ。

要するに八百屋にありそうなものは何でもありました。

八百屋でしか見たことのない野菜の実る姿に興奮した遊外部長長男は
ハサミ片手に必殺チョンギリ人よろしく畑中を駆けずり回っております。


おみやげ

遊外大王、大王妃、王妃にも謁見をはたし、
収穫物をおみやげに帰路についたのでした。


玄関で収穫した野菜を一応並べてみました。

あまりの量にスイカなど真ん中に隠れてしまった。

ジャガイモとタマネギなど袋から顔を出しているだけ。

しかしまず感じたのは収穫物の何という色の美しさ。

とれたてのトマトの輝くような赤。

緑も人工の色でなく自然の宝石の様だ。

ひまわりの黄もどこにも無い黄色。

しばらく一家で見入ってしまった。

よく雑誌などで見る野菜や果物が沢山写っている写真。

この光景が我が家の玄関で再現されたのであります。

ちなみにこの写真は2000ファボリーズ写真コンテストで佳作に入選しました。

有機農法で作った味はもちろん最高で、

トマトなど言葉では言い表せない程でした。

まさに遊外大王と呼ぶにふさわしい人格と畑と野菜でありました。

教訓。ホームページは人が作る。野菜は人格が作る。

7月25日 by 遊外部長