『外であ・そ・ぼ』

Nature Capture 春
遊外王の春を探しに....


<タラの芽>

こんにちは、遊外王です。

桜も満開、今週末が見頃といった感じです。

気温も日中は遊外に適した温度になり、遊外の血が騒ぎ始めました。

今回は、近場で春を探そうということで荒川土手近くの水田の用水路を中心に春を見つけに出かけました。

<レンゲ草>


まずは、「やはり野におけ 蓮花草」

近所の田んぼは、宅地に変わり、
めっきり見る機会が減ったレンゲを見つけました。

私はレンゲ草が大好きです。
子供の頃、田んぼに寝ころがり青い空を見上げた後
ふと横を見ると紫と白のきれいな花。
小さくて見落としていたのに、数センチ前に見たレンゲ草に信じられない程の衝撃を受けました。
あんな綺麗な色は他にはありません。
紫の花は他にも沢山あるけれど、あんなに淡く軟らかい色は知らないですね。
最近はずいぶんレンゲも減ってしまいました。(遊外部長)


<セリ、ノビル>


昨年迄、休耕田であった場所が、田んぼになっていました。

ここでは、セリが取り放題でしたが、
今年は、あぜに生えているものを採取してきました。

また、ノビルも生えていましたので、ゲットしてまいりました。

当然、その日の食卓には、セリのごまあえがのぼっておりました。

写真の説明: 右側が田植え前の田んぼです。 左側が用水路です。

<オオイヌノフグリ>


どこでもみられるのですが、
とりあえず撮影してしまいました。

(撮影:遊外王長男)

<名も無き花>


白いナズナの様な小さな花を複数つけた花がありました。

名称はわかりませんが、
きれいでしたので、写真に収めました。

<おまけ:タラの芽>


「近くの林」の宅地化が進み、毎年行っていた林も「分譲中」のノボリがたつようになってしまいました。(ちょっと寂しいですが、他人の領土ですから仕方が無いですね!)


そんな訳で、昨年、大王様の畑の一角にタラの木(約50本)程を植えたものが芽を出しました。

これも今夜は食卓に「木の芽の天ぷら」として、出演する予定です。

4月8日 by 遊外王