『晩秋、そして春へのイントロダクション』

Nature Capture
『花達-後編』


<リンドウ>

こんにちは、遊外王です。

前編では4月~7月までの花を紹介してきました。

後編では、8月~11月迄の花を紹介していきたいと思います。

<8月の花>

【ヒマワリ】

8月の花と言えば「ヒマワリ」、これしかないでしょう。
ヒマワリは、畑の周囲に植えておりましたが、
台風の影響で3分の1程倒れてしまいました。
写真は、私のお気に入りの1枚です。
巨大なヒマワリが地球の危機を救うの図

<9月の花>

【名称不詳】

申し訳ありません。

花の名前を覚える事が苦手なために、っていうか~、
花の名前を覚えようとしない癖があります。

極力、名前を覚えますので、皆様ご支援の程を!
(ご存知の方は教えて下さい。)

これってシュウメイギクじゃないですか?


<10月の花>

【キンモクセイ】

10月の初旬に、周囲に甘い香りが漂いはじめていました。

畑にある、キンモクセイの香りです。

どこかで嗅いだ事のある香りです。

そう、トイレの芳香材の1位?にランクされている香りです。

花から直接匂いを嗅ぐと、強烈な匂いに驚かされました。
我が家の前にもあります。

【ギンモクセイ】

「金」とくれば、当然「銀」でしょう。

ギンモクセイも同時期に咲いておりました。

香りは、キンモクセイ程の自己主張はありません。

キンモクセイより上品な香りです。
金さん銀さん。銀さんは今も元気。

【マリーゴールド】

注釈無用と思います。

花らしい花です。

真にゴールド色はこの花です。

<11月の花>

【リンドウ】

昨年の秋に自然薯堀りの下見で見つけたリンドウが今年も花を付けました。

今年は2株に3本の芽を出しましたので、来年は、また増えるかもしれません。
リンドウ・ダンス ♪ ア ソレソレ

【野菊】

畑の片隅に、数本の野菊が咲いていました。(11月26日)

意図として植えた記憶が無いため、これも"こぼれ種系"だと思われます。

来年も咲く様にそっとしておきました。
君は野菊のような人だった。何じゃそれ。

【菊】

小菊ですが、ビロードの赤がきれいでしたので、撮影してみました。 畑の周囲には、様々な小菊が植えられていますが、この色の花だけは、色が混ざらない様に少し離れた場所に植えております。
菊は花の少ない時期に咲くので貴重です。
日の光が弱まっているのに色がはっきりしているので、不思議な花です。


【山茶花-紅白】


たき火が恋しくなる季節です。

さざんかの木の下には、無数の花びらが絨毯の様に敷き詰められていました。

でした

以上、「花達-後編」でした。

今年紹介出来なかった花だけでもこんなにあるとは、
今更ながら驚いたのは、これを書いている本人でした。

本当に白、赤、青、黄とよく揃ったものです。後、黒い花があれば完璧ですね。

12月11日 by 遊外王