『1月の花達』

Nature Capture 『冬の花』


<ロウバイ>

こんにちは、遊外王です。

正月明けの3連休の初日、関東では冬の寒さもひと段落、
昼間は窓を全快にしても気持ちの良い一日でした。

庭では数少ない冬の花がささやかながら日差しを浴びて咲いていました。

今回はそんな庭の花を紹介して行きたいと思います。

【スイート・アリッサム】



昨年、直径20cm前後の株を植えたのですが、
直径60cm以上に成長して今年も花を咲かせております。
花の無い時期にも良く咲いてくれます。
但し、繁殖力が旺盛なので今年は3株のうちの1株のみ残すこととしました。

【水仙】


水仙の第一弾がぼちぼち、咲き始めました。
いくつかは切花として花瓶でその花を披露中。
白色の中に黄色、「春」を感じさせる花です。

【ブルーボンネット】


昨年秋に紹介した花が未だに咲いています。
さすがに、年初からの霜で若干色あせてきましたが、
いったい何時まで保つのでしょうか?

10月中旬ぐらいから、数本が咲き続けています。

一年性のつもりで花壇に植えたのですが、
いつになっても枯れずにとうとう年越しです。

株もしっかりしており、このまま様子を見る事といたしました。
多分、宿根性のものだと思われます。

しかし、このおかげでチューリップを植える予定の場所は
彼女達(ブルーボンネット)に占領されており、
チューリップには別の場所を用意しました。  (1月13日撮影)


【ろうばい】


庭の梅の花もあと1~2週間程度で開花する程度に
蕾が膨らみはじめました。

それより一足先に(昨年庭に参戦した)
「ろうばい」が咲きはじめました。

花の少ない1月に咲く花は貴重です。

派手さはありませんが、黄色が確実に温かくなって来ている事を感じさせます。

冬もこれからが本番でしょうが、季節を告げる時計は確実に春に向けて針を動かしているようです。

以上、『1月の花達』でした

by 遊外王 1月13日