『ガーベラの越冬』

Nature Capture 『ガーベラ』


<ガーベラ>

こんにちは、遊外王です。

今年の正月はマッタリとした日々もあっと言う間に過ぎて、今年最初の3連休になってしまいました。

気温も13℃前後と絶好の散歩日和、そんな訳で近所を散歩してみると、意外にも、この時期の草花や木々は結構緑色をしている事に驚きました。

さて、今回はガーベラのレポート。 昨シーズン、ガーベラの越冬を玄関で行いました。

今シーズンは、「屋内にいれなきゃ!」と思っていたのですが、すっかり忘れてしまい年末の28日に越冬のために室内に入れる事となってしまいました。

室内に入れてよく調べてみると、葉はほとんどバリバリと音を立てて粉々になる状態でしたのできれいに散髪し丸坊主状態で越冬をさせることにしました。

年末まで「ほったらかした」償いとして、今年は玄関では無くシンビジューム達と肩を並べて、2階の南面の窓際席を使っていただきました。

【1月3日】


室内に入れて2~3日すると、一枚の葉が出てきました。

正月も3日目となると2つの株から七枚の葉がでていました。

良く見ると既に中央に花芽が確認されました。

屋外で零下にさらされていて、
急に屋内の平均温度が15℃以上の環境になったのですから
きっと「春がきたかと、思んべな~♪」状態だったのだと思います。

それにしても短期間で良くここまで成長するものだとつくづく関心してしまいます。


【1月12日】


花芽確認から9日目、開花を始めました。

現在直径3cm程度で全部開けば
5cm前後の大きさになると思います。

少々小ぶりですが、ガーベラしています。

【1月13日】


昨日の段階で、花弁の一部が完全に開いていない状態でしたが、
今日見てみるとほぼ全開となっていました。

この花の裏側には1つ、かなり伸びてきた蕾がありますので、
来週あたりには2個目が咲くでしょう。


昨日の段階では花と蕾が1つづつでしたが、株の根元を見ると3つ目の蕾が土から顔を出していました。


これとは別の鉢で花芽が立ち上がりはじめました。
これも来週あたりには咲き始めるでしょう。

現在、がーベラの株は4種類あり、いづれの株にも新葉が出てきております。

今日のところは2株に蕾が確認されておりますが、残りの株にも近いうちに蕾が出てくることを期待しております。

今年初めて宿根草の越冬を室内(玄関以外)で行いましたが、まずまずの成果が得られました。

この時期に咲かせた場合に、越冬後の開花がどうなるか楽しみです。
以上、『ガーベラの越冬』レポートでした。

by 遊外王 1月13日