『外であ・そ・ぼ』

Nature Capture
「遊外王具誕生の秘密2」
「大王様の道具達」


<一輪車>

こんにちは、遊外王です。

霜も数日おきに降りてきて、本格的な冬の到来です。

畑のほうは、冬支度も整い農作業は一段落。

そんな訳で、今回は作物の話題ではなく、大王様の畑で使う農機具で自作のものをいくつか紹介していきます。

【一輪車:1995年製?】


収穫物の運搬には欠かせないものですが、市販の鉄製のものでは、1年も経過すると溶接部分から錆が出て、3年もすると使えなくなってしまいます。


(特にこのような農機具は、農機具を保管する納屋なるものもありませんので、雨ざらし状態となります。)

そこで、さびない金属=ステンレスを使って一輪車を作りました。

もう5年以上使用しており、タイヤのホイール部分=「鉄の部分」こそ錆びておりますが、泥で汚れている以外は新品同様です。。。 ステンレス、おそるべし。。。

なんと、ブレーキ迄ついております。


【特製フォーク:2000年製】



トラックの後輪のサスペンションに使用している板バネを細く削り出し、溶接してフォークを作りました。

柄の部分は、これもステンレス製のパイプを使用しております。

プロトタイプ(試作品)では、フォークの4本を同じ形状(同じ太さと幅)としたのですが、土をおこしてみると、両脇の2本のフォークが若干曲がってしまう不具合が発覚、両脇のフォークの幅を1.5倍の太さにしてみました。

結果は、良好で、地中に40cm前後挿し込んで土をおこしても曲がらない物に仕上がりました。

さすがハガネのフォークは強い。。。 ハガネもおそるべし。。。

【手クワ】



これも、トラックの後輪のサスペンションに使用している板バネを加工して作ったものです。

市販の手クワは、石があると歯の部分が欠けてしまったりしますが、これは硬い土を掘る場合に非常にその威力を発揮します。

雑草を取ったり、自然薯堀りに使ったり、庭の飛び石の敷設・移動等々。

我が家の必需品です。

条件

大王様の道具は、下記の3つの条件を満たしていなければなりません。

① 様々な使い方をするため、丈夫でなければならない。
② 使用頻度は、毎日に近いため、これに耐えなければならない。
③ 重量や力に耐えるものでなければならない。

市販のものでは、これらの要求に耐えられるものが少ないため、自作の農機具を作って対応しております。

以上 大王様の道具達でした。

1月 by 遊外王