遊外王による『梅花』

Nature Captor 「梅花」
遊外王の白梅・紅梅・ピンク梅・美しいバイ


<紅梅>

こんにちは、遊外王です。

三寒四温とは良く言ったもので、先週は「三寒」のモードに入り冬物のコートが手放せない一週間でした。

とはいっても、弥生3月も既に2週目に突入、列車の車窓からは淡い白やピンクの塊が目立つ様になってきました。

遊外王家の庭もその塊が色濃くなってまいりました。

その中でも梅は満開モードとなりましたので、今回はそのレポートを致します。

【紅梅】


品種はわかりませんが、梅らしい花を咲かせています。

大王様の家庭菜園にある紅梅は、3月上旬から花を咲かせております。

昨年移植したばかりですので、花はまばらな状況です。

梅の実に関しても6月頃になればどの様な実が成るかがわかります。

【白梅】


紅梅とくれば白梅。紅白そして梅でちょっと縁起が良い取り合わせです。


菜園の周囲に植えてありますが、夏以降にハヤトウリや自然薯のつる性の植物が全体を覆ってしまうため、花の数は少なく、今年の梅の実の収穫は期待できません。

今年は、ちょっと「面倒を見てあげようかな」とも考えております。


【八重咲きの梅】


庭に植えてあるピンク系の八重咲きの花を咲かせる梅です。


これも戴き物なので、品種はわかりません。実はほとんどできず、花だけを楽しむ樹です。

1日の半分位しか陽が当たらないところに植えてありますので、こころなしか、年々色が薄くなっているような気もします。

【豊後梅】


庭の東南の角に植えてあるため、毎年きれいな花を咲かせてかつ、たくさんの実を結びます。

淡いピンク系(さくら色)の一重咲きの花を咲かせる木で、去年のレポートにある梅の実は この木の収穫がほとんどでした。

花の数、色ともさくらにひけをとりません。この下にゴザでも敷いて梅酒でも飲みながら花見でも出来そうな雰囲気です。(晴天とは言えども、長時間座っているとちょっと冷えます。)

梅の木の数本の開花だけですが、我が家の庭も一気に春モード突入です。 以上、梅の花のレポートでした。

3月10日 by 遊外王