遊外王による『2月の花』

Nature Capture
「ガーベラ、その後」


<ガーベラ ピンク>

こんにちは、遊外王です。

2月に入り、冷たい雨が降っています。

とはいえ、今日は節分、冬と春の境目の日です。

白梅は1月の中旬から咲き始め、紅梅も蕾が目一杯膨らんできました、あとは桃が咲けば、桜へのリレーを待つのみ。

一方、部屋の中では越冬をしているガーベラが次々に開花を始めています。


そこで、今回はガーベラとプラスアルファのレポートをしてみたいと思っております。

今年で3年目を迎える、赤と黄色のガーベラですが、年末の坊主状態から、立派に葉をつけております。


【ガーベラ: 黄色】


前回のレポートから2週間程、経過したでしょうか? 最初の1本は終わってしまいましたが、現在2本の花が咲いております。 このあと、2個の花芽が確認出来ましたので、3月ぐらいまでは咲いてくれるでしょう。


【ガーベラ: 赤】


黄色より2週間遅れで開花をしました。

外で撮影できればもう少し鮮やかな色となるでしょう。

この花も、あと2個の花芽がありますので、黄色との競演が楽しみです。

【ガーベラ: ピンク】

 
昨年、購入したパステルピンクのものが咲きました。黄色の花が咲いてから、1週間後ぐらいでしょうか、、、

現状、次の花の予定はありませんが、かれこれ10日以上、きれいな姿を見せてくれています。

【ジュリアン: 白】


我が家の食料調達の途中、スーパーのガーデニングコーナーに直径6cm~7cmぐらいの鉢で“ミニミニジュリアン”と呼ばれているものが並んでおり、購入。

決して、このページの為に購入したのではありません。

¥280という値段と娘が「欲しい」と言った2つのAND条件での購入です。

【ジュリアン: 黄色】


これも、上の白のジュリアンと同時に購入したものです。 この色がジュリアンである事を主張している様でしたので、「お買い上げ~!」となりました。

ガーベラに関しては、株分けが、 ジュリアンに関しては、水耕栽培ですので、花が終わってからどう管理するかが、今後の課題となりそうです。

いづれもこの時期に咲いてくれておりますので、“なるべく自然に育てる”主義ではありますが、少しは面倒を見てやらねば、、、

以上、「2月の花」のレポートでした。

by 遊外王 2月3日