2) リードの出来るまで 舟型ケーンの完成


オーボエ イーゼル
イーゼルの中心には溝が掘ってあります

イーゼルでの中心出し

カマボコ型リードから型取りをしてリードの形にするためには、シェーパーにかけるためにまず、折り曲げる必要があります。

オーボエ イーゼル
指を切らないように気をつけて
水に浸したケーンをイーゼルの上に乗せ中心の溝をガイドに折れ線を付けます。
オーボエ かまぼこ型ケーン
折れ線が付いたかまぼこ型ケーン
この状態から半分に折り曲げてシェーパーにかけます。

オーボエリード用シェパーでの型取り

シェパーでの型取り

シェパーには各種あって先端のチップ部分だけが取替えられるものもあります。
チップの先端に触れ止めの耳が付いているものも良く見かけます。
オーボエリード用カマボコ型ケーン

二つ折りにしたカマボコ型ケーンをシェパーに取り付けたところです。
押さえつける金具はネジで止めるタイプと写真の様なスライド式と2種類があります。
オーボエ カッターナイフ
ナイフで型取りをします。カッターナイフは新しい刃を次々と出せるのでこの作業にはとても使いやすいナイフです。刃が薄く振れるのでなるべく手元に近い部分を使うようにします。
オーボエリード 削り終わり
削り終わるとこういう状態になります。

オーボエ 舟形ケーンの完成
舟形ケーンの完成です。
オーボエ 舟形ケーンの完成

オーボエ ナイフで傾斜

ケーンの両端を削る

イーゼルに舟形ケーンを乗せて両端にナイフで傾斜をつけます。
これは、チューブに巻きつけた時に段差が出来ない様にするためです。
オーボエ イーゼルの端部分は削られて
使い続けるとイーゼルの端部分は削られて段々減っていきます。


矢印ボタンで全画面表示になります。矢印ボタンが消えている時には、カーソルを画面上に乗せると現れます。