マントヒヒ Hamadryas baboon


野毛山動物園
住人のいない小さなオリをはさんでチンパンジーの右手にマントヒヒの展示オリがあります。オリの丈は高いのですが、あまり上部に登っている姿は見ません。いつも床にいます。

野毛山動物園
雄のマントヒヒには立派なタテガミに覆われています。頭頂部は薄いのですが。顔には毛が無く何か粘土で作った作り物のようです。

お互いに仲良く毛づくろいしています。御立派なものがチラッと見えたんですが。

マントヒヒ Hamadryas baboon

  • 学名:Papio hamadryas
  • 分類: 霊長目 オナガザル科
  • 分布:アフリカ東部
  • 生態:雄1頭に複数の雌、子供等で草原を行動し夜間は大きな群れになって休む。
  • 食べ物:果実、木の葉、小動物、昆虫
野毛山動物園探検隊より



野毛山動物園
これだけ顔の肌が出ていると、顔色の悪い日とかは飼育員さんなど、すぐわかるんでしょうね。

野毛山動物園
雌の方が頭の毛が少ない。尼さんみたいです。

ポイント
メスが複数なんですが、公平に扱っているのかな? ちょっと気になったもので・・・

ポイント

  • ★★★☆☆ パフォーマンス
  • ★★☆☆☆ 可愛さ
  • ★★★☆☆ 見やすさ
  • オリの格子が古くて太いので、写真は撮りにくいです。
野毛山動物園探検隊より