CDアルバム 2001~


CD No.は高橋真梨子さんの公式ページにある番号で、私所蔵の番号と違うNoもあります。

time of love 2002.05.22
VICL60880
ちょうど2年ぶりのアルバム。4曲目の"夜明けのミスト"はかつての歌を彷彿とさせる安心して聴ける歌。迷路からの脱出を思わせる夜明けの歌とも思える。"スフィア"はNHKのドラマに使われていた時、小さいが聞きやすい曲だなと思っていた。アルバムに収録されて改めて聞いてみると、この軽さと爽快感は何だ。しかし、ここまで真梨子さんをOffにしなくても・・・ポコポコうるさいかも。"街角"では真梨子さんは32回泣いていた。"バイバイ"のように別れも楽しく笑って別れたい。ときたところで、このアルバムにはなるほど文脈があることに気がついた。"ときめいて空に"のような曲になると真梨子さんの独壇場です。最初の"ライ麦揺れていた"で曲がわかってしまいました。良い詩ですね。"別れの朝"はペドロ&カプリシャスの大ヒット曲。と言っても当時のリードヴォーカルは真梨子さんではなく初代の前野曜子さん。(真梨子さんは2代目)
1)枯れない花
2)去るものは日々に疎し
 ~Out of sight,out of mid
3)Traffic~混雑
4)夜明けのミスト
5)say my name
 ~心をニュートラル~
6)電話
7)スフィア
8)街角
9)バイバイ
10)ときめいて空に
11)別れの朝
12)say my name