小次郎・武蔵像


島の南方向に整備された道を進む。右手の建物は島で一番大きい四角形の東屋。波の浸食を防ぐため護岸がゴロタ石で補強されている。ゴロタ石の部分は立ち入り禁止。

何もないと言われれば反論できない平らな散歩道。歩道は一部敷石の部分もあるが、このあたりは舗装ではなく白砂の歩道と周囲は芝生。ただし、決闘の島なので何かがあると思う方が間違いだろう。


小さな丘の上で小次郎と武蔵が対峙している。下の歓迎板に詳しいが、小次郎像の方が武蔵像より4ヶ月早く完成披露されている。
青空に映える両剣士のりりしい姿にはちょっと感動した。やはり絵や字に比べて像は迫り方が大分違う。


巌流島 決闘の地


古代伝説

本州と九州の間は陸続きでその下に潮の流れる穴があったが長年の侵食と地殻変動によりいつの時代にか陥没、その流れた土壌が船島となったと平田篤胤説を公表、それまでは本居宣長の 『古事記伝』 に書いた 「土壌が流れて引島に」 や大同小異の伝説があった。
島名は、下関側で 「舟島(現在は船島)」、小倉側で 「向島」 と、それぞれ違った呼び方が受け継がれることになる。

慶長17年(1612)4月13日 (12日・14日説あり)
宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘

嘉永2年(1849)7月
吉田松陰が下関周辺を視察。巌流島に上陸。小次郎の墓に参り 「近くの山に二郎兵衛がからいどあり」 と書き遺している。

明治43年(1910)10月31日
「佐々木源流の碑」が島に建立される。

大正10年(1921)11月2日
斉藤茂吉が渡欧の途中に島に渡り、
「わか心いたく悲しみこの島に命おとしし人をぞおもふ」 など歌三首と随筆 「巌流島」 を残す。その後、斉藤茂吉と菊池寛が武蔵と小次郎の大論争を展開。

昭和30年(1955)
巌流島の住民がピーク時約30軒になる(50軒近いとの説あり)
昭和48年(1973)4月
島に残っていた老人1人が島を去り、居住者ゼロとなる。

昭和62年(1987)10月4日
巌流島いっぱいに篝火を焚きアントニオ猪木とマサ斉藤のプロレス 「夜のデスマッチ」 興行。

平成2年(1990)9月30日
巌流島にて岡山県大原町(武蔵出生地説) と福井県今立町(小次郎誕生地説) が、下関・熊本両市長立会いのもと、姉妹縁組に調印。

平成15年(2003)
巌流島整備事業完工。
小次郎像(原型寄付・村重勝久)
武蔵像(デザイン・広瀬直樹) の設置。
浮き桟橋・釣りデッキ・人工海浜の整備。
歴史に触れる観光地としての歩みを始める。

NHK大河ドラマ 「武蔵 MUSASHI」 放映
佐々木小次郎像 松岡昌宏 除幕(平成14年12月11日)
宮本武蔵像 市川新之助 除幕(平成15年4月14日)

遅れてやってきた武蔵は、櫂の木刀を引っさげ素足で船から降り立った。小次郎は待ち疲れていた。小次郎はいらだち、刀を真っ向に振り立て、眉間めがけて打ちおろした。同時に武蔵も櫂の木刀を打った。その木刀が小次郎の額にあたり、たちどころに倒れた。小次郎の打った刀は その切先が武蔵の鉢巻の結び目に触れ、鉢巻は二つになって落ちた。武蔵は倒れた小次郎を見つめ、また木刀を振りあげて打とうとする瞬間、小次郎が刀を横にはらった、武蔵の袴のすそを三寸ばかり切り裂いた。が、武蔵の打ちおろした木刀は、小次郎の脇腹、横骨を打ち追った、小次郎は気絶し、口鼻から血を流した。武蔵は手を小次郎の口鼻にあてがい、死活をうかがい、一礼して、立ち去った。
          (「二天記」 より要約)
小次郎の唇に、微かな笑みが浮かんだ。そして、まだ見開いたままの小次郎の両眼から、急に、生きている光が失せていった、激しい声をあげて、新之丞が泣き出した。小谷新右衛門が立ち上がって、海のほうを睨んでいた。
ぎらぎらと光る海を、武蔵の小舟は、東へ向かって流れを変えた潮に乗り、下関のほうへ、ひた走るように影を小さくしている。
東馬は、静かに小次郎の瞼を閉じた、まだ固くつかんだままの小太刀を、その右手から放そうとして気がつくと、小次郎の左手は、小さな黄色い花を、そっと摘むような形をしていた。あの、浜ぐるまの花であった。
     (村上元三 「佐々木小次郎」 より抄出)

資料・写真等・絹の道の会編 「しものせき・人・物語」 第四集より
                             下関市
巌流島歓迎板より転載
この小さな島にピーク時には30軒(一説には50軒)の家があったとは驚いた。最後の1人の老人はどのようにして生活をしていたのか興味が湧いた。電気も水も食料もどうやって調達していたのだろう。

伝馬船(てんません)

この伝馬船は、下関市の山陰方面で使用されたものですが、武蔵が伝馬船に乗って巌流島に渡り、小次郎と戦ったその当時をしのんでいただくことをイメージして設置していますので、船に乗ったり、触ったりしないで下さい。
巌流島奉行   下関市長
伝馬船の立て札より転載
巌流島は住所が下関市なので市長が巌流島奉行という事らしい。わりと面白いジョークだと思う。