公園の鯉は純情


可愛そうだからもうやめよう。

どこの公園でもという訳にはいかないが、釣りが出来て、
監視員のいない公園ってありますよね。

大物の鯉を釣るにはどうするか。

鯉は池の底に餌をおいて鯉が回遊して来るのを待って釣るのが普通の釣り方。
それでは中々釣れません。


よし、それでは即大物に挑戦だ。
仕掛けはもちろん強力な竿テグスは8号以上。ハリスは6号以上を用意。
ウキは普通の駒ウキで十分。チンタメバル11号等の細く軽くて大きいもの。
その返しをヤスリで削ったものを使います。
これは、超大物がかかった時にせめて針が伸びてばれてくれる事を願ってのものでもあります。

重要なのは、ウキとハリスは10cm程度であまり広く取らない事。
これは、広くとるとあたりがとりにくい為です。
実際にはウキより餌を見て釣るので
餌が少し水中に隠れた時だけに使います。
そして、大きなタモ網を忘れずに。



さて、餌は食パン
まず食パンをちぎって池にまきます。
鯉は、パクパクと美味しそうに食べ始めるので
そーっとちょっと大きめのパンを付けた仕掛けを投げ入れます。
重すぎる針を使ったり、餌が小さいとパンが浮きません。
もうわかりますね。
鯉はちょっと大きめのパンに必ず食いつきますので、
パンを見ていて食いついたらすぐ合わせてあげましょう。
可愛そうなので絶対針を飲ましたりしないように
可愛そうを連発するなら釣るなと言われそうですが、
そう読むだけで釣るのはやめてください。
鯉はあまりに純情なので釣っても面白くないしやっぱり可愛そう。

少し以前からよく釣れるので川でこの釣りをやる人が多い。
底に置くより、川の表面を流した方が鯉の目に付きやすいので釣れるのだがどんなものだろう。
鯉をいじめるのはどうも抵抗がある。
食べる訳ではないし。
私の懺悔でした。


鯉はだまされる事を知らない日本人の心の故郷だった。
魚に里と書いて君は鯉。

by 遊外部長