釣り人達の休日 掲示板


お名前
E-mail
題名
コメント URLを書き入れる場合は://以下のみ書きいれてください。


[85] 第十回「外来魚情報交換会」 投稿者:琵琶湖を戻す会 投稿日:2014/11/13(Thu) 14:06

こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。
恒例の外来魚情報交換会のご案内です。

第十回「外来魚情報交換会」
homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2015/exchange15a.html

開催日:2015年1月24日(土)・25日(日)
受付:(24日)12:00〜13:00
(25日)9:00〜9:30
開催時間:(24日)13:00〜18:00
(25日)9:30〜13:00
※時間帯は発表数によって変更する場合があります。
懇親会:(24日)18:30〜

会場:草津市市民交流プラザ大会議室(JR琵琶湖線「南草津駅」前)←会場が昨年までと違います!
滋賀県草津市野路1-15-5フェリエ南草津5階
周辺地図はこちら
www.city.kusatsu.shiga.jp/sisetsuannai/community/shiminkoryuplaza/plaza_kasikan.files/map.pdf
会場のある建物(フェリエ南草津)はJR南草津駅東口と連絡通路で直接繋がっています。
建物内のエスカレータでは5階まで上れませんので会場へはエレベータをご利用下さい。

テーマ:外来魚防除に関する様々な情報の交換と相互交流

目的:ブルーギルやブラックバス等の外来魚の防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、お互いの情報を交換することによって外来魚防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深めることを目的とする。

内容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。

プログラム:24日(土)
12:00〜12:55受付
12:55〜13:00開会
13:00〜18:00情報発表
18:30〜懇親会

25日(日)
9:00〜9:30受付
9:30〜13:00情報発表
13:00閉会
※プログラムは予告無く変更する場合があります。

主催:琵琶湖を戻す会
共催:全国ブラックバス防除市民ネットワーク
後援:滋賀県(予定)
協力:環境再生保全機構地球環境基金

定員:外来魚情報交換会:先着100名
参加費:外来魚情報交換会:無料(資料代:500円)
懇親会:4000円(予定)
参加資格:なし
参加申込み:※事前申し込みが必要です。

問合せ先:琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp

第十回「外来魚情報交換会」募集要項
下記の項目を全て記入の上、メールにてお申し込み下さい。

参加者名:
ふりがな:
所属:※あればで結構です
連絡先:(住所)
(電話)
(メール)
情報交換会:両日とも参加・24日のみ参加・25日のみ参加
発表:発表する・発表しない
発表する場合のテーマ「」
※発表テーマは“外来魚”(国内移入種も含む)に関するものに限ります。
懇親会:参加する・参加しない


◆発表者募集は先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆参加者は会場の都合により先着100名で締め切らせていただきます。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。

申し込み先:琵琶湖を戻す会事務局
       masahiko.takada@nifty.ne.jp
あるいは
琵琶湖を戻す会広報 ZXA00545@nifty.ne.jp


ご参加いただければ、皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!

第十回「外来魚情報交換会」案内&参加申込用紙
PDFファイル版exchange2015a.pdfSIZE:218KB
homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2015/photo/exchange2015a.pdf
Wordファイル版exchange2015a.docSIZE:43KB※申込用紙のみ
homepage2.nifty.com/mugituku/exchange/2015/photo/exchange2015a.doc
ダウンロードして自由にご利用下さい。
但し、内容は予告無く変更になる場合があります。

琵琶湖を戻す会は農林水産省及び環境省から特定外来生物防除認定を受けています。
homepage2.nifty.com/mugituku/prevention/prevention.html



[84] 春日部 薬師沼 投稿者:坂東太郎 投稿日:2014/04/20(Sun) 17:37

春日部 薬師沼桃屋裏の古利根川の土手でへらぶな入れ食いです。

今日、1時間だけいって来ましたが10枚釣れました。
10尺の竿で底釣りで両グルテンです。魚のおおきさは尺上で引きもいいです。
棚は比較的に浅いです。流れはありますので、やはり底釣りです。
国道から3分でわかりやすいです。

ポイントは桃屋裏のY路地の「高さ制限2.5m」の看板の車が止められます
ので、その前です。 整備護岸の階段は釣れませんのであしからず。

ぜひ、行ってみて下さい。



[83] 鰯釣れてます。 投稿者:左京大夫 投稿日:2013/05/09(Thu) 10:37

春が来て国府津海岸に鰯が回遊してます。
という事は、ルアー釣りのチャンスです。
尚、鰯はカタクチイワシです。うちの犬のメイは、
干物をおやつに大喜びです。


[82]  全国的に6/1は鮎の解禁です。 投稿者:左京大夫 投稿日:2012/06/01(Fri) 19:30

という事で、仕事終わってから、吉原本町の川に
毛ばり釣りに行きました。
釣果は7匹(MAX12p)ままです。


[81] 相互リンクのお願いです。 投稿者:平山清敏 投稿日:2007/10/17(Wed) 22:24

初めまして、突然ですがネット上にて貴サイトを拝見させて頂きました。コンテンツの多さにびっくりし、楽しく拝見させて頂きました。この度、未熟ながらもHPを作成し勝手ながら貴サイトをリンクに貼らせて頂きました。

もしよろしければ相互リンクをお願い出来ないでしょうか?
勝手なお願いで申し訳ありませんが、是非、貴サイトとの相互リンクをして頂きたいと思います。
ご多忙中とは思いますが宜しくお願い申し上げます。
 
タイトル:楽しい釣りと園芸



サイト説明文:楽しい釣りと園芸の情報を提供しているサイトです。

以上をタイトルでのテキストリンクで申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。




[80] リンクさせて頂きました 投稿者:Arts 投稿日:2007/09/30(Sun) 16:54

はじめまして、突然の書き込み、申し訳ありません。

私、「海釣りへ行こう!あっ猫も!!」というHPの
管理人をしております”Arts”と申します。
この度、貴サイトをリンクに貼らせて頂きました。

まずTOPページの妙に味のある絵に魅かれまして、
立ち寄らせて頂き、各コンテンツも楽しく拝見させて
頂きました。

それで、もしよろしければ相互リンクをお願い出来ませんでしょうか?

また、お暇な時にでも、一度、私のHP「海釣りへ行こう!あっ猫も!!」に遊びに来ていただければ幸いです。

是非ともよろしくお願い致します。

         Arts


[79] 埼玉県で釣れたマハゼ 投稿者:遊外王 投稿日:2006/09/27(Wed) 01:08

入山さん
 レスがとんでもなく遅れてしまって申し訳ありませんでした。
 荒川の秋ヶ瀬にある水門の下迄が汽水域との資料がありました。
 マハゼが釣れた場所は荒川の支流ですが、川の外側で海抜2m程度とのことですから、おそらく川自体は汽水域なのかもしれません。 事実、数時間で水位が変化します。 ご指摘のように数cmサイズの鯔の稚魚やフッコ(15cm〜20cm)を捕獲しました。
 毎年何回か、川を守る会のボランティアが生息している魚種の調査を行っておりますが、マハゼは産卵だけではなく生息している様です。


[78] 埼玉県で釣れたマハゼ 投稿者:入山 雅彦 投稿日:2006/07/28(Fri) 19:34

こんばんわ 初レスです 埼玉県までマハゼが上ってくるのには大変驚きです もしかしてマハゼが純淡水域で産卵しているのかもしれません 汽水の魚の適応力はすごいものです かつて木曽川水系の河川の純淡水域で30センチ級のクサフグが釣れたらしいです もしかしたら汽水性の魚のマハゼ、ボラ、クサフグ(アカエイ)は淡水での繁殖を含めた生息が可能かもしれません しかし関心度が薄く調査研究していないらしく、純淡水域での生息記録がありません 汽水の魚は純淡水域で何日間いきられるのか、又交尾産卵はするのか大変感心がありますが、調査研究している大学や水産試験場はありません。その為謎です。そして海水の10分の1の塩分濃度の島根県の宍道湖にはアカエイやヨウジウオ、ヨシエビの成魚が釣れるらしいですが、宍道湖での生態は未調査の為ふめいです 汽水の魚は長期的には進化の途中かもしれません 少々学術的でどうもすいませんでした


[77] 大きなクーラ必要? 投稿者:左京大夫 投稿日:2005/05/22(Sun) 08:31

常連さん、昨日丸鯵 10匹、今日は3匹とのこと
鰯もたくさん釣れ、4時から6時が忙しいです。

(注)丸鯵は相変わらず30cm以上有ります。
   というわけで、おおきなク-ラ-必要です。

PS:ルアーでヒラメを狙ってたお兄さんがたこをGet!

相変わらず絶好調の国府津海岸へいらしてください。


[76] 鯵、釣れ出しました。 投稿者:左京大夫 投稿日:2005/05/05(Thu) 06:36

国府津海岸情報
先日、鯵が釣れ出したという、情報をキャチ!!

今日(5/5)丸鯵(32p)を2匹ゲット

サビキの鯵釣りは夏に向けてもっともっと良くなります。

ぜひ!!キスつりの前に鯵つりをしに
国府津海岸へ来てください。


- ASKA BBS -
[管理用]