Valentine Island Enoshima
~湘南の宝石~


2007年2月9日江の島で開催されたValentine Island Enoshima ~湘南の宝石~に行ってきました。

今年で4回目ですが何しろ例年は寒いので訪れたのは今年が始めてです。
何しろ今年は異常な位の暖冬ですからね。

江の島マニアック
江の島マニアック
太陽が沈む夕暮れからイベントは始まります。

江の島マニアック


ライトバルーンアート

何が起こっているか判らないでしょうが、これは平野治朗さんプロデュースによる風船によるアートで、白い風船の中に発光体が入っており、ヘリウムガスで地表から数十センチ程浮いている風船が、風でユラユラ揺れる事で光も揺れるというものです。中々のものでした。

当日は風が強くて割れた風船が落ちて発光体が地面に落ちている姿は、ちょっと笑いも誘っていました。(金亀楼跡展望台広場)

江の島マニアック


湘南キャンドル

サムエル・コッキング苑に入ってすぐの広場の中心に、電気とキャンドルを組み合わせた光のイベントがありました。キャンドルは会場中にありましたが、電気と組み合わさったものは、ここのものが一番印象的でしたね。

ろうそくにはちゃんとスポンサーがいて、カメヤマロウソクが提供しているそうです。

江の島マニアック
江の島マニアックの前には何故か赤い白鳥が群れでいて、低い木の間を泳いでいます。白鳥ではなく正確には赤鳥です。
中国の建物ですので赤を基調にしたのでしょう。

余談ですが、この時カップルが江の島マニアックの中のベンチですごくイチャツいました。で、写真を撮るのに苦労しました。
まあカップルが多いと華やかで良いんですけどね。

江の島マニアック
江の島マニアックの中もご覧のような灯篭が置かれ良い雰囲気でした。ベンチでカップルがイチャツクのも仕方ないのかな。

若いって良いですね。
ヴァレンタインのイベントですので、皆さん上手くいかれる事を願っています。

江の島マニアック
コッキング苑の中の木に沢山のミラーボールを吊るした光の乱舞は見ものでした。



光の乱舞のビデオ



江の島マニアック
イベントの日には展望灯台がライトアップされるのも楽しみの一つです。

江の島マニアック
展望灯台前の歩道にも様々の光の趣向が凝らされて、前方にはやはりミラーボールが吊るされています。

江の島マニアック
展望灯台に登ったら江の島大橋と片瀬側の夜景が楽しめます。

江の島マニアック
展望灯台から真下を眺めるとこんなでした。
そろそろ終わりですのであまり人が居ません。



江の島マニアック
展望灯台からコッキング苑入口に向かう歩道。
木々が様々な色に染まってとても綺麗です。
映画のシーンのようで何か出てきそうな感じでもあります。
誰もいないと怖いかも。

江の島マニアック
江の島弁天橋から江の島を望む。展望灯台の頭だけが木陰から浮いて見えます。

江の島マニアック
エノスパの明かりが綺麗に輝いています。ここだけは毎夜、お祭りみたいに明るいのです。
展望塔がエノスパの一部のように写っているのは展望灯台にとっては不本意でしょう。